レジを直しにスタコラサッサ!!

2/5(月)夕刻、仙台からまた蒲田に出張にまいりました。
カバンには出張で使う衣服の他に、トンカチ、ペンチ、オイルスプレー、ヤスリを持参しました。

そう!!

パン屋さんのレジ修理です。新品で購入したにも関わらず、50円、10円、30円のボタンが引っかかってうまく動作しないのです。

レジの修理などやったこともないので、一通りの道具を揃え、レトロなレジなので物理的な動きの仕組みが分かればなんとかなるだろうと、いつもの安直な考えで参上しました。

パン屋のご主人も、この見ず知らずの怪しいおっさんに大分慣れてきたように思います。

 

さて、レジを見るとどうやら下のレバーが引っかかっていたり、ボタンが硬貨にひっかかっていたりしています。売り切りで調整していないな?プロダクトアウトで、運用テストしていないな?と思いつつ、原因を探ってはペンチで曲げたり、油を差したり、削ったり、トライ&エラーのリーンを高速に回して、40円ボタン、30円ボタン、20円ボタンと、比較的順調に直して行きました。

"ベキッ!!!"

10円のボタンが折れた、、、、。一瞬、凍る空気。

 

ご主人すまん、、、、

ご主人に接着剤を借りて作業継続し、30分ぐらいで終了。
 

翌日の昼にも訪ね、動作に支障がないことを確認しました。後は、10円のボタンが取れないことを祈るのみです。

それではまた、ご報告させていただきます。

ただいま、キネマ通りの商店会のお店を探索しております。まとまりましたらまたご報告させていただきます。

 

キネマ通り商店街から、榊原ベーカリーに曲がる角のとんかつ屋さんですが、帰りにカツカレーをいただきました。カツにはカレールーがかかっていないため、まず、カツの味をそのまま楽しめます!しかも、カレーの味も変におしゃれな味ではなく、濃くてよい!また、カツはソースの他に、厳選された2種類のお塩でもいただけます。油断ならないお店を発見してしまいました。まずは、この情報だけ先に記載いたします。

2018/2/5 レジ修理(10円ボタン破壊)


 

 

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています