今回のプロジェクトで作ろうと考えている玄米甘酒の原材料は、お米と米糀です。

そのお米には十分こだわりたいと考えています。もちろん農薬は使用していませんし、使っている堆肥は完熟したものだけを使用しています。

そしてさらにこだわっているのは、「生きたお米」を使うという事です。

ただ、外から見ただけではお米が生きているかどうかは分かりません。
そこで、お米が実際に生きているかどうか確かめるため、玄米を発芽させてみます。発芽玄米を作ってみるというわけですね。そこで、収穫して乾燥が終わった新米を、約30時間水にひたしてみます。

 

水から玄米を取り上げてみると、なんと!ほとんどのお米が発芽しているではありませんか!!写真で見ると分かりづらいですが、胚芽の部分がちょろっと大きくなっているのが分かるかと思います。これで、我々の作っているお米「コシヒカリアモーレ」は、ほとんど発芽する生きている玄米だという事が証明されましたL(´▽`L )♪

うまく乾燥させないと、乾燥させすぎてお米が死んでしまう場合もあります。正直とてもホッとしました。このお米達は、お米用の冷蔵庫に入れて、鮮度を保ったまま来年まできちんと保存管理いたします。
発芽玄米を食べたい方は、発芽率の高いお米を選んでおけば、自分でいつでも作れますよ〜(o^^o) 

 

新着情報一覧へ