皆さまこんにちは。猿ヶ京温泉まつり実行委員会の大沢です。

私達は2018年8月25日(土)に群馬県みなかみ町猿ヶ京温泉で開催される『赤谷湖上花火大会』の実行委員会です。小さな町の花火大会ですが、『日本一優しい花火大会』をスローガンに地元住民の有志で結成されたボランティア団体です。

毎年たくさんの方に楽しんで頂ける花火を打ち上げるために1年をかけて準備に奮闘しております。

そんな花火大会を今年も開催するためにこの挑戦を始めました。

 

私たちはボランティアで運営している団体で、これまで花火の打ち上げ費用や会場設営費などは、地元住民の方々や企業さまからの協賛をいただいて運営してまいりました。しかし、今回はどうしても花火大会の開催における資金が不足しております。

 

昨年までの桟橋からの打ち上げ方式です。

今年から、これまで花火の打ち上げに使用してきた桟橋が使用できなくなりました。そのため、桟橋を使わない新たな打ち上げ方法を花火師の方と検討し、桟橋へと移動するためのスロープから湖上に向けて斜めに花火を打ち上げたいと考えておりますが、それには花火師の方々の退避するための経路が必要です。そこで、退避経路として「浮島」の製作を考えました。

 

花火は、スロープから湖の上に向けて若干の打ち上げ角度をつけて打ち上げます。この打ち上げ方法に関する安全性は、ベテラン花火師の判断によって確保されています。

この取り組みを実現させるため、今回クラウドファンディングを通してサポーターを募集します。

 

目標金額は30万円。

本日7月20日~8月17日 23時までの募集です。

※もし、目標金額100%に達しなければ、全額返金となってしまう仕組みです。

 

支援者の方には、花火大会にお越し頂いた際の桟敷席や地元のお野菜、猿ヶ京温泉をお楽しみ頂ける宿泊券などをお送りします。

 

またお知り合いの方に、こんなプロジェクトがあるとお伝えいただけたら、とても嬉しいです!SNSでの拡散も大歓迎です!!

どうかご支援、ご協力お願いします。

新着情報一覧へ