こんにちは。

 

みなさまのご支援のおかげで、現時点でプロジェクト目標金額の40%まで到達することができました。ありがとうございます。残り30日余りとなりましたが、ひとりでも多くの方にプロジェクトを知っていただければと思いますので、引き続き情報の拡散をお願いします。

 

そして、今日はみなさまにお伝えしたい情報があります。社団立ち上げのきっかけでもあり、このプロジェクトの企画の基になった当方の研究が、日本心理学会第79回大会「学術大会特別優秀発表賞」を受賞しました(通知文書添付)。

 

学会ホームページはこちらから→http://www.psych.or.jp/prize/conf.html

 

演題:高齢者の詐欺被害における相談行動抑制の心理的要因ー相談しない傾向ー

 

この研究は、詐欺被害に遭っても相談しない高齢者の心理には、罪や恥の感情があるという仮説を基に調査・分析を行ったものです。

 

受賞の背景には、このテーマへの関心と社会的要請の高さがあるのだと思います。

 

研究にご協力いただきましたみなさまに、この場を借りてお礼申し上げます。研究成果は、今後の社団活動に活かしていきます。

 

被害に遭われた方は、だまされたことを自己責任と捉え、公的機関や家族にも相談しないで抱え込む方も多いのではないでしょうか?被害撲滅の防止策として、この撃退用自動通話録音機の設置は、数少ない有効策のひとつです。

 

プロジェクトへの支援金は全て録音機の費用となります。みなさまのご支援お待ちしております。

 

 

 

 

新着情報一覧へ