READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

セネガルの子供たちの夢を叶えたい!〜小学校増築プロジェクト〜

土久岡 真美

土久岡 真美

セネガルの子供たちの夢を叶えたい!〜小学校増築プロジェクト〜
支援総額
1,346,000

目標 1,200,000円

支援者
89人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2015年10月06日 11:57

ンドゴン小学校のバ先生の印象的なお話

昨年の年末にンドゴン小学校のバ校長先生と学校建設について話しているときに、印象的だったお話しを紹介させていただきます。

 

バ校長先生に「学校建設などをする際に一番大事なことってなんだと思う?」と聞かれ、
私は「きちんと計画して、準備をすることかな。」と答えました。
そしたら、彼は

「計画立てることはとても大事だけど、もっと大事なことは、Mami(私)がセネガルに来て、きちんと学校建設に関わる人たちに会って信頼関係を築くことだよ。」と。
その時はっと気がつきました。学校は現地の人たちのためということ、現地の人たちを知らないで、学校だけ活用しても意味がないということ、私の自己満足で物事を計画しようとしていたことに気がつきました。目の前の目標に目が行き過ぎて周りが見えてませんでした。

 


以前、彼は学校にトイレを建設しようとしていました。最初は建設はうまく進んでいたそうです。しかし、あと少しで完成するというところで、トイレの建設をしていた人が急に仕事に来なくなり、その数日後には、トイレ建設のために置いていた資材などがすべてなくなっていたそうです。結局、今のンドゴン小学校には、トイレの外装工事のみが終わったままで、内装は手付かずのままです。このような事はセネガルではよく起こるそうです。


彼はこの件について「学校にトイレができなかったのはとても悲しいけど、もっと悲しいのは、村人たちの期待を裏切ってしまったことと、信頼がなくなってしまったことだ。」と言っていました。そんなことを彼が言っていたので、地域住民との関係はどうなのかな思っていましたが、関係はいたって良好でした。きっとこれまでの彼の頑張りを知っていたからでしょう。

 

 

私は彼にこんな質問を投げてみました。
「この地域の人たちと信頼を築くにはどうしたらいい?」
彼の返事はとてもシンプルでした。


「彼ら(住民)に会って、一緒の時間を過ごすことだよ。」

 

セネガル人だけではないとは思いますが、彼らは目の前にあるもの(存在するもの)を信じるそうです。この学校建設の計画をバ校長先生と私で話して、その計画内容を保護者の方に伝えて、学校を建設し始める事は良くないそうです。保護者の人は、私と言う存在もあまり分かっていないし、このプロジェクトが本当に実施されるのか半信半疑なんだそうです。大げさに言うと、保護者の方にとっては、私はバーチャルの中に存在するようなものです。さらに、何か困ったときに誰も助けてくれないそうです。


「誰かに会って、一緒の時間を過ごすこと」はとても簡単なようで、難しいです。時間はかかりますが、大切なことだと思います。


私はこんな事を教えてくれた彼にとても感謝しています。それから、前よりももっとンドゴン村のことが好きになりまし、もっと交流をしたいなと思っています。

 

追伸:もちろんバ先生は私たちを地域住民や保護者の方に紹介してくださっています。

一覧に戻る

リターン

3,000

・団体紹介パンフレット
・サンクスレター

支援者
39人
在庫数
制限なし

10,000

42573d7391a7bc9dcdef39375562aa088c386c85

・セネガル製ポーチ(小)
・セネガルの子供が書いた絵はがき
・団体紹介パンフレット
・サンクスレター

支援者
38人
在庫数
17

30,000

76e400ad1d923e75997b0d4a091f3b757f75e66b

・セネガル製ポーチ(大)
・セネガルの子供が書いた絵はがき
・団体紹介パンフレット
・サンクスレター
・寄贈者銘盤

支援者
8人
在庫数
12

50,000

7a241a57d2475cad94811f78ed16bca6f4211c9d

・セネガル製バッグ
・セネガル製ポーチ(大)
・セネガルの子供が書いた絵はがき
・団体紹介パンフレット
・サンクスレター
・寄贈者銘盤

支援者
6人
在庫数
14

100,000

・サンクスレター
・寄贈者銘盤
・私たちの団体のオリジナルエコバック

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする