READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

信楽ACT 2012

山田浩之

山田浩之

信楽ACT 2012

支援総額

109,000

目標金額 100,000円

支援者
14人
募集終了日
2012年3月29日
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2012年01月17日 18:18

イベントの打ち合わせ

信楽ACTでは毎回50人(組)程のアーティストさんたちに参加していただいて、窯元散策路や商店街などのエリアに作品を展示したり、パフォーマンスをしたり、即席カフェを作ってもてなしたりしていただいてますが、イベントエリアの玄関口にあたる「新宮神社」ではいつも演奏や演劇などのパフォーマンスを企画しています。

今回の信楽ACT2012においても、この神社でダンスユニットMuDA(むーだ)さんたちによる、身体美の踊りと空間演出で観客を魅了するパフォーマンスをして頂きます。

そこで、まずは現場視察と、信楽の地元音響グループ「創楽」さんとの打ち合わせのため、信楽に来て頂きました。

 

(音響の機材を見せて頂きながら、どういうことが出来るのか相談します)

 

この有志の集まりである「創楽」さんは、地元で行うイベントやお祭りなどでいつも出動して頂いている、とってもありがたいグループです。いつも町を盛り上げる準備万端で、無理難題でも頑張っていろいろ考えてくださいます。地元を盛り上げようとする、こういう方々のお陰で私たちも心おきなくイベントをさせて頂いています。

今回のMuDAの演出では、陶芸の町ならではの、本物のロクロや土を使ったすごい演出を考えているそうです!!人が乗ってもびくともしない、巨大な手回しロクロも出動予定です。

 

さすが一流のアーティスト集団だけあって、いろんなアイデアがいろいろ湧いてきます。

信楽座も、可能な限りお手伝いしていきたいと思います。

 

また、この新宮神社の参道には、今回の震災で被災した陶芸の町、笠間と益子から「Kasama Art Port」というグループが作品展示されます。

笠間焼の由来は、信楽のとある1人の陶工が指導したことにより発祥したと伝えられているそうで、信楽ともゆかりのある地です。そこで陶芸を営む作家たちにより、壊れた登り窯を修復して焚いた窯の作品を復興のシンボルとして展示して頂く予定になっています。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

信楽座発行『ツチツナギ』
(100冊限定シリアルナンバー入り、信楽ACT出品作家1名の直筆サイン入り)
信楽座発行の全304ページの本です。信楽ACTが目指す「産業・人・芸術」の融合を、写真を用いて視覚的に分かりやすく伝えています。

支援者
3人
在庫数
制限なし

5,000

alt

*信楽座発行『ツチツナギ』
*陶器製の作家手作りビーズ5個

支援者
2人
在庫数
制限なし

10,000

alt

*信楽座発行『ツチツナギ』
*陶器製の作家手作りビーズ5個
*参加作家の小作品1点(カップやお碗など)
小作品はすべて作家の手作りです。どの作家のものかは、届いてからのお楽しみです。

支援者
9人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする