こんにちは、鯨本です。

リトケイはただいま『季刊リトケイ』03号の〆切と

「島Books」プロジェクトの〆切を同時にむかえております。

 

連日、進捗情報を連投し失礼しております「島Books」は

ここ1カ月間、私自身を含め、たくさんの島好きさんと一緒に

「島」というジャンルの常設棚を全国の書店につくるべく

プロジェクトを進めさせてきました。

 

残すところ、あと30時間にして、

プロジェクトの達成まで、残り90万円という厳しい状況ですが、

リトケイ一同、まだまだあきらめずにがんばっております。

 >> READY FOR?
「島」の専用棚を全国の書店に。「島Books」プロジェクト」

 

さて、先日、棚の材料となる長崎県対馬(つしま)からサンプルが届き、

今朝より代官山蔦屋さんにて、選考公開!ということで

「島Booksフェア」をスタートいたしました。

 

棚はサンプルになりますが、

材質やサイズは本物と同じ。これを全国300カ所に設置し、

 

「せとうち暮らし」さん「しまもよう」さんはじめ、

たくさんの島本、島情報を並べていきたい、というのが

「島Books」プロジェクトが目指しているものです。

 

プロジェクトがはじまったきっかけは、

『季刊リトケイ』の売りにくさ問題からだったのですが、

「島Books」に関しては、ただ島の本を売りたいだけではなく、

さまざまな意味や目的が含まれています。

 

「島Books」についてのいろいろな見解は、
私やメンバーがブログにてぶつぶつつぶやいていたり、

プロジェクトに注目いただいているブロガーさんに

記事にしていただいたりもしております。

 

 

○アシスタント小野(@MiUKi_None)のブログ

小さなメディアが生き残るために必要なものー
リトケイの「リアルの情報デザイン」の意義 

 

○鯨本(@ATSUisamoto)のブログ

 私が島に躍起になっている理由について

 

○イケダハヤト(@IHayato)さんのブログ

書店に棚がなければ作ってしまえ!
「島」を活性化する「島Books」プロジェクト

 

○モリジュンヤ(@JUNYAmori)さんのブログ

編集、メディアに興味がある人ならこの動きは見逃せない!
離島経済新聞と「島Books」プロジェクト | sense of medium 

 

「島Books」を進めながら、あらためて思ったことには、

「島Books」も、結果的にやりたいことはリトケイの存在理由のひとつと同じ、

「島々でがんばる人ががんばりつづけられるようにしたい」

ということだったんだ、ということがありました。

 

田舎生まれの私は、何事も自分の田舎と重ねて考えしまうため

「地域活性」という言葉がキライなのですが、

地域活性がしたいことが、地域を盛り上げたいとするなら

それは外部からの影響よりも、地域にいる方がどれだけ活躍できるかによって

その土地と人が、健やかに暮らしていける状態にすることだと思います。

 

リトケイが、ウェブサイトや、季刊リトケイや、島Booksで

やっていることは、地域活性かと言われることがありますが、

直接、自分たちが働きかけるというよりは、

地域の方ががんばってつくった商品や、イベント、取り組みを

それを知りたい人や、たくさんの方に届ける部分を手伝えることで、

がんばる人の想いや活動が、実を結ぶようにしたいのです。

 

リトケイはメディア(=媒体)で、

ウェブ、紙、リアルな書店に、そういう場所をつくりたいのです。

 

島でお米をつくり、販売ルートを拡充している若者に、

「売れる場所を先につくって、つくる人たちの仕事を守りたい」

といわれたことがあります。

 

同じように、リトケイは少しずつですが、

ウェブ、紙、リアル書店に情報が届く場所をつくって、

島々の想いや活動を届け、がんばる人たちががんばりつづけられるようにしたい

とういうのが、「島Books」はじめ私たちの最終的な目的です。

 

「島Books」はあと少しで〆切になります。

なかなか苦戦しているのは否めない事実ですが、

島情報のインフラづくりに、加わっていただける方がいらっしゃいましたら、

ぜひご支援いただけたら嬉しいです。

 

 >> READY FOR? 
「島」の専用棚を全国の書店に。「島Books」プロジェクト」

 

(鯨)

新着情報一覧へ