クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

新宿の子どもたちに自然の中で表現する体験を継続して届けたい!

小山裕子(あそびと文化のNPO新宿子ども劇場)

小山裕子(あそびと文化のNPO新宿子ども劇場)

新宿の子どもたちに自然の中で表現する体験を継続して届けたい!
支援総額
302,000

目標 300,000円

支援者
41人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2015年04月03日 05:09

楠原氏とのあゆみ

講師の楠原竜也氏です。

 プロフィールは前回掲載しましたので、そちらをご覧ください。

 

楠原氏を講師に迎えてワークショップを実施するのは、今年で5回目になります。

毎回、提案されるワークショップの内容はワクワクするようなプログラムが多く、講師の引き出しの多さを感じます。

 

1回目はドラムセットを入れて、(もちろん、プロの方が演奏)ドラムのリズムで表現。なんといっても生の音というのが贅沢で、そのリズムも子どもたちの動きと響きあい、心地よい空間でした。

 

2回目は画像の中での表現。子どもたちは白い服を着て、プロジェクターで映し出された写真の中で動き回るプログラムでした。身体がスクリーンになり、映像が変わると動きも変わる。見ているスタッフが一番面白かったかもしれません。

 

そして、今年3回目になるのが、森の中での表現活動です。

自然空間+衣裳を付けて変身することで、自由に開放される相乗効果があります。

子どもたちの動きも、心模様ものびやかになります。

 

同様のプログラムで3回目に臨むのは、このプログラムの持つ魅力です。

新宿という地域だからこそこだわりたい“自然の中での体験”。

新宿御苑という格好のステージがあることも大きな要素です。

 

そして、何よりも楠原竜也氏という講師に子ども達を出会わせたいのです。

彼の持つ明るくパワフルなエネルギー。企画する側もワクワクするような内容。

その波動は参加した人にも伝わってきます。

これはまさに”生きる力”につながります。

 

新宿で育つ子どもたちに寄り添っている私たち大人ができることは、

子どもたちに良い環境を提供することです。

そこにはどうしても経済が付きまといます。

今回のプロジェクトはその財政面への挑戦です。

地域の大人が、地域の子どもたちに良い環境を届けるために。

 

多くの方のご理解、ご協力をお待ちしております。

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・サンクスメールと事業報告
・オリジナルポストカード

支援者
21人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・サンクスメールと事業報告
・オリジナルポストカード
・新宿子ども劇場定期鑑賞会1作品をペアでご招待
 6/7「ロはロボットのロ」こんにゃく座
 7/26「狂言」大蔵吉次郎狂言会
 9/13「夏の庭」東京芸術座
 10/11「だってだってのおばあさん」人形劇団クラルテ
 12/11「竹遊~たけあそび」アーチストBOX
 他、新宿子ども劇場HP参照
 (http://www.kodomogekijo.net)
・地元銘菓 花園万頭「ぬれ甘なっと」

支援者
19人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

・サンクスメールと事業報告
・オリジナルポストカード
・新宿子ども劇場定期鑑賞会3作品をペアでご招待
・地元銘菓 花園万頭「菓子詰合せ」

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする