第7回目の『メッセージリレー』は、龍笛・篠笛演奏家の出口 煌玲さんに応援メッセージと演奏動画をいただきました♪

本当にありがとうございます!

 

 

 

篠笛は、音律を正確に作るのが、なかなか困難で、それは天然の竹製ならではの難しさからなのですが、
どういうわけか樹脂製の笛でも正確な音律の笛がなかなか見当たらなかったりします。

立平管といえば 伸びのある艷やかな音色とともに、正確な音律で定評ですが、
この度、多くの若者に篠笛を届けたい!との思いで、新素材の篠笛が開発されました。

 

早速試奏。

 

一見音律が合ってるように聴こえる篠笛でもオクターブのピッチが合いにくい場合が多いので、そこからチェック。
竹製の立平管同様、万全です!
呂→甲→大甲→甲→呂 と急激な上下動もOK、これまでの樹脂製ではなかなかこうはいかなかったのです。

 

ピッチはOKとして、和の情緒を奏でることができるのか?
音色はどうか? ダイナミズムは?
様々な音楽表現が可能か?
・・・その結果は、動画をみてくださいね。

 

多くの少年少女達が それこそ息をするように みんな篠笛を奏でて、自分の表現をする。
そんな光景が、すぐそこにやってきますよ!
 

 

新着情報一覧へ