プロジェクト概要

【目標達成のお礼と、第二目標への挑戦について】

 

プロジェクト開始から9日目、皆様のおかげで目標金額を達成することができました。こんなに早くに達成できるとは思ってもいませんでした。 この場をお借りしてお礼申し上げます。本当に感謝しております。

 

今回のチャレンジを通して、「夢に向かって頑張って!」「応援してます!」 など、多くのコメントをいただき、自分がどれだけ支えていただいているのかを実感しました。 もっともっと頑張らなくてはいけない、強くならなくてはいけないと感じて日々練習に励んでいます。 そして、結果を出せなくてはいけないんだという、より強い気持ちにさせていただいております。

 

そこで第一目標を達成したいま、第二目標へ向かうことを決めました。 第二目標は100万円です。第一目標金額はトルコ・ドバイの遠征費に充てさせていただき、第二目標は次のウガンダ・カナダの遠征費に充てさせていただきたいと考えております。

 

こうしてクラウドファンディングに挑戦することで、私の覚悟を皆様に知っていただくのと、少しでもパラバドミントン、車いすバドミントンを知ってもらい、体験をしていただくきっかけを広めていきたいと考えております。

 

引き続きご支援・シェアをしていただけると幸いです。どうか、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

再び見つけた「パラリンピック出場」という夢

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。大濱真です。現在は、NPO法人スマイルクラブで働きながら、車いすバドミントンの競技者として日々練習に励んでいます。

 

小学2年生の頃から高校生まで、野球に打ち込んでいましたが、大学生の頃に事故に遭い、脊椎を損傷。医者からは、一生車いすの生活と言われ、生きる希望を見失った時期もありました。

 

その後、なんとか大学に復学し、卒業・就職できましたが、その中で自分の夢や目標を持つことができませんでした。

 

事故から10年。ふとしたきっかけで、車いすバドミントンとの出会いに恵まれました。それ以来、大会に出場するまで熱中することとなり、今では2020年東京パラリンピックを目指しています。

 

一度は夢を見失いかけましたが、今大きな夢を追いかけて走り出しています。夢を掴むため、国際大会へ出場して成績を出し、世界ランキングを上げる必要があります。そのための遠征費をみなさまにご支援いただきたいのです。

 

私の場合、障がいで体幹が使えないため、
ホームポジションを維持するための工夫や努力が重要になります。

 

ずっと描いていた夢の挫折

 

大学3年の5月、事故に遭い、脊椎を損傷しました。命を取り留める手術に3ヶ月もかかるほどの事故でした。

 

無事一命は取り留め、7ヶ月間のリハビリを経て、なんとか車椅子で生活できるまでに回復しました。

 

しかし、自分の飲食店をオープンし、自分の足で厨房に立ち、自分で接客をする、という夢は諦めなければいけませんでした。

 

事故に遭い、入院していました。

 

翌年4月になんとか復学。その後、無事卒業して企業に就職することもできました。

 

しかし、ずっと描き続けていた夢の挫折から、なかなか新たな夢や目標を持てずにいました。

 

リハビリ中の様子。

 

車いすバドミントンとの出会い

 

企業で勤め続けて30歳になったある日、所属していたNPO法人スマイルクラブの車いすバドミントン体験会というものに参加しました。

 

現在一緒に強化選手としてパラリンピックを目指している方が講師となり、初心者でも楽しめるよう簡単に打ち返せるところに打ってくれたため、車いすバドミントンの楽しさを十分に感じることができました。

 

また、ショットの強さや精度、車いすの動きの速さ、身体の使い方などの課題をクリアし、いかにシャトルをコートに落とすかを考える車いすバドミントンの奥深い魅力に、いつの間にかハマっていました。

 

人生一度きり。

 

この歳でもアスリートとして生きていけるこの車いすバドミントンで、パラリンピック出場を目指そうと決心しました。

 

 

誰でも楽しめる、奥深い競技

 

本格的に車いすバドミントンの練習を開始してからは、さらにたくさんの魅力や難しさが見えてきました。

 

勝った時の快感はもちろん、身体の使えない部分をカバーしプレーをする難しさ。シャトルを打った後、いかに早くホームポジションに戻るか。

 

そんな課題を少しずつクリアしていく感覚をはじめ、難しい分だけやりがいが多いスポーツだと感じています。

 

また、車いすバドミントンはパラスポーツですが、健常者でも車いすに乗れば、一緒にプレーを楽しむことができます。プレーすることで難しさがわかり、試合の観戦などもより楽しむことができる競技だと思います。

 

 

夢のため、国際大会に出場に挑みます

 

パラリンピックに出場するためには、世界ランキング6位以内に入らなければなりません。

 

現在私は、まだ夢の舞台へ向けてのスタートラインに立ったところで、世界ランキングも40位です。


今年から東京パラリンピックへのポイントの加点がスタートします。このポイントを獲得して、世界ランキングをあげていく必要があります。そのためには、海外で開催される国際大会に出場し、良い成績を残す必要があります。しかし、国際大会に出場するには、多くの渡航費用がかかります。

※パラリンピックへ出場するために必要な点数

 

パラリンピック出場の先にある目標実現のためにも、何としても今年国際大会に参加してポイントを獲得したい。そんな想いから、今回クラウドファンディングという方法を使って皆さまのお力をお借りしたいとプロジェクトを立ち上げました。

 

最終目標は、「ポジティブインフルエンサー」

 

車いすバドミントンに出会ってから、「この競技で世界と戦い、障がいがある人もない人も、自分の姿を見て、勇気や夢や希望を持ってもらいたい」と強く思うようになりました。

 

自分がパラリンピックに出場に向けて挑戦する姿を通して、たくさんの人を幸せにしたい。「ポジティブインフルエンサー」になりたい、というのが私の最終目標です。今回、クラウドファンディングという方法を選んだのも、より多くの方に私の挑戦を知っていただきたい、という想いもあってのものです。

 

東京パラリンピックまであと1年半。

 

今も課題が多くあり、厳しい練習に心が折れそうな時もありますが、自分にできること、そして目標を再確認し、日々練習に励んでいます。

 

皆さまからのご支援を力に変え、一つでも多くの勝ち星を取り、パラリンピック出場の切符を掴み取ろうと思いますので、どうか暖かいご支援をお願いいたします。

 

 

支援金の使い道について

現在、以下の国際大会に出場予定です。皆さまからのご支援は、各国に遠征するための渡航費の一部として使わせていただきます。


2019/3/23~2019/3/31:トルコ 
2019/4/1~2019/4/7:ドバイ 
2019/4/14~2019/4/30:ウガンダ 
2019/5/4~2019/5/12:カナダ

 

国際大会参加費(渡航費):500,000円

Readyfor手数料:162,000円

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)