先日、就活ミュージカルに作曲家として関わっていただく南谷朝子さんのLIVEを観に行きました。

 

 

 

 

「朗読劇」を初めて観て、とても楽しかったです。ストーリーも昭和の文豪の作品を元に…ということでしたが、すごい斬新な展開の連続で引き込まれました。

 

朝子さんの歌は気持ちや想いが歌からほどばしってくるような、迫力やかっこよさがありました。「この人が作曲した歌を歌えるのか!」と思うと、ミュージカルが楽しみでしょうがなかったです!


〈冨ヶ原 啓太郎〉

新着情報一覧へ