クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

「スラムの子ども達がスターに」歌って踊るステージを創りたい!

黒田篤槻

黒田篤槻

「スラムの子ども達がスターに」歌って踊るステージを創りたい!
支援総額
510,000

目標 500,000円

支援者
46人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年08月26日 02:37

一年ぶりの私の家族

 

埃っぽい空気、鼻をつく独特な匂い、道路に寝そべる犬、牛、なりやまないクラクション、車の間を行き交う人々、道行く人にものを乞う少女。

 

埃っぽい空気、鼻をつく独特な匂い、道路に寝そべる犬、牛、なりやまないクラクション、車の間を行き交う人々、道行く人にものを乞う少女。

 

またインドに来てしまいました。


一年ぶりの、光の教室。
到着するなり「サトミーーーーーー!!!」と駆け寄ってくる子どもたち。

 

 

 アープ カイセ へ?(調子はどう?)
 ティーケ!(元気だよ!)


私の原動力である妹弟たちにやっと会えました。

 

手遊びばかりしていたアクシェー、カージャルはノートいっぱいにアルファベットを書き写します。

 

 

歌はやはり、音程など気にせず大声で歌います。

 

真面目少年ワッシームは少し髪を伸ばしたり染めたりして大人っぽくなりました。屈託のない笑顔は変わりませんが。

 

 

タラバブは、色あせた昨年のステージTシャツを着ていました。

 

シャールークは相変わらずクールな様子。

 

女の子たちはどんどん綺麗になっていきます。恋愛話にも興味津々の様子…。

 

昨年のステージ後「またダンスがしたい」と語ったジョーティーも、ちゃんと練習に参加していました。

 

遅刻してきたラーキーもこっそりダンスの輪に入っていきます。

 

リズムが合わず、先生から注意されるのは去年と同じカリーム。

 

勉強と練習のあと、みんなで食べるランチタイムはやっぱり楽しい。

 

 カルミレンゲ!(また明日!)

 

WADALAのlittle STARsは今年もステージに向けて奮闘中。

 

今年のステージでは、一年間で大きく成長した子どもたちがまた人々にHAPPYを、感

 

動を届けてくれるのではないかととても楽しみです。

 

 

スラムに暮らす子どもたちの底力をなるべく多くの人に見てほしい、知ってほしい。

 

彼らの生きる力、逞しさをもっともっと広げるために、皆さまのお力が必要です。

 

残りわずかとなりましたが、ご支援のほどよろしくお願い致します。

 

残り【3日】

残り【46,000円】

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・報告書
・HPに名前の掲載
・サンクス動画

支援者
24人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

上記+
・子ども達とおそろいのステージTシャツ
・子供たちのプロマイド写真

支援者
17人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

上記+
・あなたのためにみんなで一枚の絵を描きます!

支援者
8人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

上記+
・あなたのリクエストにお応えしてみんなで一曲歌います踊ります
・教室にお名前を刻みます

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする