引換券の発送が全て完了しました!

大変お待たせして申し訳ございません!

本日、引換券の発送が全て終わりました。

 

お待たせしてしまい、申し訳ございませんでした。

 

2014年9月7日、ここ日本から遠く離れたインドに暮らす子どもたちが、
スターになりました。

 

そのステージを、インドから遠く離れた、ここ日本の皆さんが後押ししてくださいました。

 

本当にすごいことだと思います。

 

子どもたちのダンス、歌、劇、全てを皆さんの目の前でお見せできなかったことが本当に悔やまれます!

 

今回のステージは、僕が学生として関われる最後のステージでした。

 

今まで3年間子どもたちを見てきて、本当によかったと思わせてくれる時間でした。

 

今回のステージでは、子どもたち自身がマイクを持って、お客さんに自己紹介やお礼の言葉を述べるシーンがあり、人前で堂々と自分の考えを言える、そんな素地ができつつあることを実感させてくれました。

 

また、インド人スタッフも積極的にステージを創り上げました。今回は日本人よりも、はるかに多くの部分をインド人スタッフが主体性を持って進めてくれ、なんと来年はもっと大きなステージを、もっと多くのお客さんを呼んでやろう!とやる気満々です。

 

なによりも、現地の人間によって創られていくことが大切だと考えているので、この進歩は非常に大きいものでした。

 

そして、日本人の学生たちも、積極的にステージに関与してくれ、またひとりひとりが子どもたちと関わる中で様々な気づきを得てくれたようです。
このステージは、インドに暮らす子供達だけでなく、日本の若者の成長にもつながっています。

 

一方が一方を支援するのではなく、未熟なもの同士、ぶつかりながら、悩みながら、手を取りながら、一つのものを探し求めていく。この姿勢を忘れないように、今後も活動を続けていきたいと思います。

 

最後になりましたが、
今回、私たちのプロジェクトに関心を持っていただいた皆様、本当にありがとうございました!!

 

はじめてのクラウドファンディングという試みに、最初は不安がいっぱいでしたが、
まったくお話ししたこともない、お会いしたこともない方々から応援の言葉をたくさんいただき、またたくさんのご支援をいただき、本当に胸がいっぱいになりました!

 

本当に嬉しく、そしてあらためて皆さんから応援していただけることのありがたさ、また責任の重さに気付かされました。

 

これからも、光の教室ではたくさんの子どもたち、日本の若者たちが関わり合い、「心」を育てる教育を続けていきます。

今回ご関心を持っていただいた皆様には、ぜひ今後ともあたたかい応援をいただけたら幸いです。

 

本当にありがとうございました!

 

(黒田篤槻)

 

****************************************************************
定期的な会報が受け取れる会員制度、また光の教室の里親になっていただけるご支援方法もございますので、ぜひ一度webサイトに来ていただければと思います。
****************************************************************

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています