こんばんは!ゆっちゅです。


今日も朝から教室へ行きました。

 

識字教育もだんだん習慣化してきたようです。

 

一人ひとり、自分の課題をこなしていきます。

 

勉強が一段落着いた頃、BLP(ムンバイにあるハンセン病の病院)のスタッフが教室に来てくれて、健康診断が行なわれました。

 

子どもたちは体重を測って、薬をもらいます。

 

スラムで暮らす子どもたちにとって、健康診断は本当に大事。(本人たちは分かってなさそうですが)

 

たくましく、いつも元気いっぱいの子どもたち。

 

このまますくすく育ってほしいと切に願います。

 

健康診断の後は、新任シスターネルマラさんの歌の授業。

 

シスターセラフィンの後継者としてやってきた彼女は、ばりばり仕事をこなす人でした。歌も指導もとっても上手。

 

子どもたちの歌の音程とリズムがそろっていて驚きました。(いつもはものすごい)

 

今日は、台本の練り直しもしました。

 

私たちは「来世はきっと良くなるよ、おやすみなさい」という終わり方をどうにかしたい。現世をあきらめずにがんばってほしいという思いがありました。

 

将来的にはインド人の力で、スラム座を運営してほしい。

 

だから、今回のステージでサンジェイ(ダンスの先生)が台本を作ってくれたことは、私たちにとって大きな一歩でした。光の音符の関係者内で台本を練り直すこの作業も、きっと意味があるはずです。

 

 

話し合いの末、主人公が現世で更生し、家庭を築いてハッピーエンドという台本に生まれ変わりました。

 

明日は教室でインドの独立を祝うパーティをします。

 

今日は明日のパーティに備えて、先生たちが飾りを作り、ラーキーたちがインド国旗を描きました。独立のお祝いには、白い服を着る慣習があるそうなので、私とあっちゃんは白い服を調達しにいきました!

 

明日の様子も写真とともに更新しますので、お楽しみに。

 

明日の様子も写真とともに更新しますので、お楽しみに。

新着情報一覧へ