プロジェクト概要

 

はじめまして。#1501というボカロPユニットで活動しています、Icchiと申します。高校のころから曲作りを初めて約10年。2017年の11月にボカロPユニット「#1501」としてニコニコ動画でデビューしました。現在は、別のサービス業を本職としながら、曲作りをしています。

 

今回、新しい機材を購入し、CDを制作するために、クラウドファンディングに挑戦することにしました。CDが完成したら、イベントなどに積極的に参加して配布し、もっとたくさん方に僕たちの音を聴いてもらいたいと思っています。

 

みなさんどうぞ応援よろしくお願いします!
 


#1501 Official Homepage

 

 

 

僕がパソコンを使って作曲を始めたのは高校生の頃でした。音楽が大好きだけれど楽器が演奏できなかった僕は、パソコンで全ての音を作って打ち込む方法に興味を持ちました。そして、ボカロでの作曲にも熱中していきました。


ボカロの魅力は、レコーディング環境が整っていなくても、歌う人がいなくても、自分のオリジナル曲が作成できることです。自分の好きなキャラクターや声を使って、自分の思い通りの歌い方が再現できることも、大きな特徴です。

 

僕は、自分の曲を作ることはもちろんですが、他のボカロPの方々が作った曲を聴くことも大好きです。Twitterのフォロワーさんとの交流や、お互いの曲を聴くことで得られる刺激が、これまで活動を続けてこられた原動力だと思っています。

 

パソコンを使って作曲するときの作業画面

 

 


インターネット上で活動している僕たちにとって、イベントでのリアルな体験は特別なものです。

 

2018年11月、僕ははじめて東京のイベントに参加しました。同じように音楽が好きな方々や、作り手の方々と出会い、普段はなかなか話せない音楽の話ができたことは、僕にとって貴重な体験でした。

 

その体験が忘れられなかった僕は、2019年3月、はじめて出展者としてイベントに参加しました。普段リスナーさんとはインターネット上での交流がメインですが、イベントでは、直接顔を見てお話しすることが出来ました。中でも、CDという形が残るものを、手渡しでリスナーさんにお渡しできたことが、特に印象的でした。

 

僕は昔からCDが好きで、ブックレットに書いてある歌詞を見ながら曲を聴くのが好きでした。ブックレットには、買ってみてはじめて見ることができる写真や文章が載っている、というワクワク感があります。

 

M3-2019春にて​​​​​

 

 

 

イベントに参加するうちに、もっとクオリティの高いCDをつくってイベントで配布したい!と強く感じるようになりました。しかしそのためには、もっと制作環境を整える必要があります。

 

ハイスペックのパソコンは、作曲作業に欠かせないものです。しかし僕が使っているパソコンは、約7年前に普段使いとして購入したものです。残念ながら、作曲用のソフトを起動してサクサク動かせるようなパソコンではありません。そこで今回、皆様からご支援を頂いて、音作りに使える新しいパソコンを購入したいと考えています。

 

パソコンを購入したら、早速CD制作にとりかかり、2020年3月1日のイベント「M3」(※)にて、販売したいと考えています。もちろんブックレットにもこだわって、最高の音とクオリティの高いCDで、皆様に音楽をお届けしたいと考えています。

 

※「M3」は年に2度開催する音楽系の即売会イベントで、音楽・映像・マルチメディアをテーマとした日本最大級のイベントです。

 

 

 

 

僕はボカロと出会ったことで、ここまで楽しく音楽を続ることができました。

 

インターネット上で曲を公開することで、それを聴いてくれる方、楽しみにしてくれる方も少しずつ増えてきました。これからも楽しく音作りを続け、今よりもっといい音で、リスナー皆さんに届けたいと思っています。ゆくゆくは、高校の時からの夢だったメジャーデビューをしたい、と本気で思っています。

 

今回のクラウドファンディングの挑戦はその夢のための第一歩です。どうぞ皆さん、ご支援・応援をよろしくお願いします。

 

 

 

本プロジェクトは、創作活動のための機材を購入し、CDを作成し、2020年4月30日(木)までにインターネットやイベントにて販売を開始することをもって、実施完了とします。


最新の新着情報