プロジェクト終了報告

2016年09月30日

9月25日流しそうめん世界一への挑戦を終えました。

9月25日日曜日、ギネス世界一への挑戦。本番の長い1日が幕を閉じました。
ギネス認定員による到達地点の距離は3,100m。
1回目の約2,200mよりもはるかに長く流れましたが、世界記録を更新することはできませんでした。結果は失格です。
残念で悔しい気持ちはたくさんありますが、それ以上に今まで支えてくれた人、応援してくれた人の温かさや懐の広さに感謝の気持ちでいっぱいです。
今日1日で、100名を超えるボランティアスタッフと500名以上、2つの会場に足を運んでくださった方々。今年4月から毎週日曜日に作業に来てくださった方、延べ500名以上、本当にありがとうございました‼︎
特設イベント会場の鹿庭コミュニティセンターには車椅子や移動ベッドで中継を観に来てくださった方もいました。有難いです。

何もかもが初めての挑戦で、上手くいかないことや 「最後まで続けるのは無理」と思うことは何回もありましたが、やり遂げることができたのは仲間がいたこと、そしてこの挑戦を何とか成功させようという熱い想いを持って支えてくれた人のおかげです。ありがとうございました‼︎

竹を繋ぎ、人を繋ぐ‥‥‥たくさんの出逢いがありました。

今回の挑戦に終わることなく、この三木町奥山、津柳地区で、みんなの笑顔が拡がって元気になれるような取り組みを行っていきたいと思います。
これからもどうかよろしくお願いいたします。そして、今まで本当にありがとうございました‼︎

 

 

 

◎READYFORでご支援をいただいた皆様へ

この度はご支援いただきまして誠にありがとうございました。

皆さまからご支援いただいた資金は全額、ギネス申請費用と認定員の交通費に使用させていただきました。(READYFORでの手数料を除いた1,033,563円)

皆さまお一人お一人のご支援が無ければ、プロジェクトは成立しませんでした。

本当にありがとうございます。

リターン品につきましては、10月に入ってから準備を開始いたします。

今しばらくお待ちください。

今後ともどうかよろしくお願いいたします。


〜流しそうめん世界一への挑戦 実行委員長 真砂泰介&スタッフ一同〜