先日行った茨城セミナーの会場担当者である芳賀英友さんから、とても嬉しいエピソードが届けられました。

 

 

茨城県でのスターターズセミナーに携わって3年目になりました。

毎年出逢う嬉しいエピソード。セミナーのちょっとした時間で子どもたちと交わす会話ではこんなことが。

 

 

私「あんなに立派な挨拶が出来るようになったんだから、きっと言葉もかわるよ。」

 

子ども「そうですよね、ヤバいですよ。あっ…。」彼はその後こう言いました。

 

子ども「もうヤバいなんてダメですね。」

 

私「そうそう!もう君には似合わないよ。」

 

少しはずかしそうでしたが、確実に彼の心の中で何かが動いていました。

彼の中でみらい草が芽を出し間違いなく成長していたのです。

 

                                         芳賀英友(同仁会子どもホーム:茨城県)

 

本日、次年度の事業について会議を行いました
メンバー全員が、今回の反響の大きさに感謝しています!

 


 

新着情報一覧へ