こんばんは!

READY FOR?プロジェクトとして支援者の呼びかけができるのも、あと4日!

そんなとき、バスケ漫画「スラムダンク」の「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」の、

安西先生のことばを思い出すことにしています(笑)

 

 

さてさて、今日も地道に、どうしたらもっと良い塾になるか、

先生チームと運営チームに分かれて話し合いです。

 

そう!私たちが掲げた「自ら学ぶ人になる」に向けて、

生徒もそれぞれ自分なりのアプローチをしていて、

それぞれの生徒にどれだけ講師がひとりひとり寄り添えるのか、

そういうことが大切な塾だと思っています。

なので、コミュニケーションの入り口である挨拶や接し方には、

たぶんそこそこうるさいです。

 

なので、学校のように、給食はみんなでそろって「いただきます」を言います。

「手を合わせて」と言うと、みんな手を合わせます(誰ですか?タイミングを合わせていないのは?)

そして、みんなで声を合わせて「いただきま〜〜〜す!」

 

このステップアップ塾の給食には、

この会場のオーナー・フェニックスカフェの松吉さんの、

「子どもたち、野菜を食べなさい!!」という、愛がいっぱい詰まっています!

そして、おいしいからみんなペロリと食べ、おかわり続出!!

 

みなさん、この教室では、どうして「給食」というコストのかかるものを提供しているか、

分かりますか?

 

 

それは、生徒たちに「安心して勉強してもらう環境を提供するため」です!

勉強したら、一緒にご飯を食べる

これって、すごい安心感だと思いませんか?

 

 

国内でも貧困率が高いと言われているひとり親家庭では、

勉強のこと、進学のこと、受験のこと、自分の夢のことを、

忙しく働いているお父さん/お母さんに相談できずに、

こっそりあきらめてしまう子どももたくさんいます。

でも、本当にそれでいいのでしょうか?

ステップアップ塾は、そんな子どもたちの気持ちに寄り添いたい!と思って、

無料の塾を始めることにしました。

無料なら、気兼ねせずに「塾に行きたい!もっと勉強したい!」って、

お父さん/お母さんに言えるよね!!

うんと勉強して「大人になったら○○になりたい」って、言えるよね!!

 

 

もちろん、塾運営側の私たちもまだまだ未熟です。

でも、生徒のみなさんの気持ちに寄り添えるよう、

これからもがんばります!

 

 

みなさん、この塾に希望を感じている子どもたちのために、

ぜひ塾を存続させる費用のご支援をお願いします!

 

 

星野和香子

新着情報一覧へ