プロジェクト概要

 

はじめに

 

初めまして、stutterRingプロジェクトのゆうかと申します。

今回のプロジェクトページの制作を担当させていただきます。

私自身も吃音当事者のひとりです。学校での音読やスピーチで苦労したり、資格試験や高校受験の面接で歯痒い思いをしてきました。

そういった経験から、どもっても、言葉が出づらくても、それが普通だと思える環境があったらいいなと思うようになりました。

現在はこのstutterRingプロジェクトや吃音運動部、首都圏で開催されているセルフヘルプグループなどに参加して吃音当事者の方々と交流しています。

 

(写真提供:ゆうか)

 

 

stutterRingプロジェクト第2弾を実行したい!

 

今回のクラウドファンディングは、今後stutterRingプロジェクト第2弾を開催していく上で、運営に必要なstutterRing製作・配送費を集めることを目的としています。

 

前回のstutterRingプロジェクト第1弾に引き続き、第2弾を実行するためです。

第1弾達成後にプロジェクト公式Twitterでアンケートを実施したところ、80人を超える方々がstutterRingを欲しいと思っていることが分かりました。

しかし、正直なところ第2弾を実行するための運用資金が不足しており、プロジェクトの長期継続が難しい状況です。

 

「私たちは一人じゃない」という思いを込めたstutterRingを作りたいという気持ちは、プロジェクト始動当初から変わっていません。

プロジェクトを長期継続させ、stutterRingの仲間の輪を広げましょう!

 

 

(写真提供:うみの様)

 

 

将来はstutterRingのイベント開催を企画しています

 

現在実行中の活動はstutterRingの配布やセルフヘルプグループへの寄付のみですが、関東や関西でのstutterRingプロジェクトに支援していただいた方々を対象としたイベント開催を企画中です。

 

最後になりますが、吃音を一人で抱えてしまったり、周りの理解を得られず悩んでしまう、そういった社会を変えるために一緒に頑張りませんか?

 

もし私どもの活動に賛同していただけましたら、プロジェクト、ひいては全国の吃音に悩む方々のためにご支援いただけないでしょうか。

 

 

(写真提供:うみの様)

 

 

このプロジェクトページで使用している写真・画像はすべてそれぞれの権利者の方々から使用許可をいただいております。

 

**************************

 

資金の使い道

今回のクラウドファンディングで集まった¥20,000はstutterRingプロジェクト第2弾のstutterRing製作費、郵送費、封筒・コピー用紙代、印刷代、クラウドファンディング手数料などとして使わせていただきます。

 

 

ご支援前に必ずお読みください

目標達成できなかった場合の返金について

万が一、期間内に目標達成できなかった場合、プロジェクトはキャンセルされ、支援金は全額クラウドファンディング会社を通じて返金されます。返金についてはReady for様に一任していますので、私どもは一切の責任を負いかねます。

プロジェクト達成後のキャンセルについて

プロジェクト達成後のキャンセルはいかなる理由でも受付かねます。

振込について

クレジットカード決済(JCB/Master/VISA/American Express/Diners)と銀行振込がご利用いただけます。※銀行振込でのご支援の場合、お振込みいただく口座はみずほ銀行です。振込手数料はお客様のご負担となります。

 

支援を申し込まれた場合は以上について同意されたものとします。

 

 

プロジェクト終了要項

2019年12月31日までにstutterRingを80個作成したことをもってプロジェクト終了とする。

着手予定日2019年11月1日

 

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)