元記事:http://susa.in/blog/archives/1361

初めての方は要注意!!

本年(2014年)、7月28日(月)須佐湾大花火大会ですが、

須佐や須佐の花火自体、初めての方が多いと思います。

そこで、わかりやすく5つの注意点を上げておきます。

 

  1. 花火観覧会場は小っさいけど、ライブ会場はもっと小さいです!

  2. 近場に車を止めるところなんてありません!

  3. お帰りの国道は混雑で車も動けません!

  4. 花火の爆音にびっくりします!

  5. ライブで写メ撮ってはいけないんですよ!

 

花火観覧会場は小っさいけど、ライブ会場はもっと小さいです!

上空からの写真で見ます。

小さな田舎の漁港であるんです。(元地図のヤフー地図はこちら)、

家の大きさ、車の大きさから、なんとなくの大きさを見積もってください。

MAP2

地図上の矢印で指す花火会場の場所が正面となります。

花火ですから、少々離れても見えますし、 爆音は四方に轟きます。  

 

ですが、須佐湾独特の爆音を堪能するには、

この会場中心部に構えることをおすすめします。  

 

当然ながら、すごい人です。

特に今年は、盛大に催すための、花火の内容、イベントの内容がそれぞれ拡大していますが、 花火を観覧できる会場が拡大するわけじゃありませんので、(むしろ規制で狭くなります)

平日とはいえ、本年は、尋常でない人出が予想されます。

  会場は、朝から、場所取り(自宅のござや、シートを住民が敷きに来ます。)もあり、

夕方には、隙間という隙間にシートが敷かれ、

打上げ時に、マイシートを持ってきても、なかなか場所など見つかりません。

 

  更に!! 本年は、尺玉を上げるため、保安距離が大きく設定されます。

特に、エコロジーキャンプ場などのある「まてかた」方面に向かう道路は、

花火開始時には封鎖されます。

 

例年、この道路周辺に、車を止めたり、観覧したりしている方は、要注意です。

海辺に降りて花火を見たりしてた方は、もちろん、ダメです。

その車や観覧者が封鎖内に入っていると、花火は、打ち上げられません。  

 

こ・・これだけ!? 花火大会ライブ会場とは。。。

ちょっと拡大して、漁協横特設ステージ前のライブ会場エリアを点滅させています。

ライブ会場MAP

横の大きな建物が須佐漁協です。

オレンジの枠が特設ステージです。

点滅している部分が、ステージが見えるエリアです。

 

小さいです。

 

立ち見で、300名入れるかどうかです。

 

MC-2012-0728-s Snapshot-s

周辺は、フェンスや、生垣、建物で囲われている場所で、

まともには見れません。

 

もちろん、音は聞こえます。

お子様には辛いかもしれません。

 

  5時から、地域の龍神太鼓、よさこい演舞はこのエリアも使いますので、

それが終わってから、このエリアに入り込んで下さい。

(トイレの位置など確認しておいて下さい。)

 

本年は、復興祈念アニソンライブが行われる予定ですので、

影山ヒロノブさん、遠藤正明さん、きただにひろしさんの、ファンの方々も多く来られます。

もちろん、地元で、見に行く!と言っている方も多く、

混雑を極めます。

身動きできない状況も想定されますので、

ご注意下さい。  

 

 

近場に車を止めるところなんてありません!

「なんとかなるやろ」

「田舎なんだから、どっか、隙間に停めときゃいいさ」

「知り合いがそこに住んでるんだ」と言えば・・・

というあなた。

 

  なんともなりませんよ。

 

  会場周辺へは車両通行止めとなりますので、

関係者であっても、「住民だ!」と誤魔化しても、入れません。

駐車場MAPを観光協会HPに掲載しています。 http://kanko.susa.in/modules/gnavi/index.php?page=map&cid=33 parking-map

 

災害復旧工事や仮設住宅建設地に使用しているためもあって、

大幅に、駐車場スペースはありません。

 

被災した橋のために、いつもの会場へのルートが使えなかったり、

会場への道のりは、かなり遠く、難しくなっています。

 

この駐車場に関してと、観覧可能エリアに関しては、 又、別の機会に紹介したいと思います。    

 

お帰りの国道は混雑で車も動けません!

特に、益田市方面へのお帰りの車は、每年、混雑します。

花火終了時間から一斉に、車という車が動き始めます。

下手に近道を画策し、入るところを間違えると、身動きとれなくなります。

 

ちょっと、その覚悟で、ゆっくりと構えられるか、

ライブ終了まで、会場でゆっくりされるなど、 余裕をもってお帰り下さい。

 

  萩市中心部方面へのお帰りは、全く混雑しませんので、 大丈夫です。  

 

 

花火の爆音にびっくりします!

びっくりしてください。

花火を見るギャラリー

 

本年は、尺玉30発を含む、

5000発の爆音を、須佐湾の3方を山で囲われた特殊な環境で 体感して下さい。  

 

 

ライブで写メ撮ってはいけないんですよ!

ファンの方々には、当たり前のことなんですが、

地元の方、特に注意して下さい。

 

何が注意って、

あなたの携帯ごとはたき落とされますよ。

 

普通に、アニソンライブは、

アーティストの方々の画像や動画は、 個人の携帯やカメラなど、関係者以外撮影禁止です。

とは言っても、

そんなアナウンスも聞いていませんし、

「祭りなんだからいいじゃないか!」 という、自分的ルールを持ち出す方もいれば、

「写メ撮って、送ってあげるね!」 と、友達に約束して来る方もいるかもしれません。

 

 もちろん、ダメです。

 

会場には、写メ制止班がおりますので、

当たり前のように、携帯を掲げ撮影しているあなたの元へ、

制止しに行きます。

 

  中には、地元の方でない関係者制止班の方は、強烈に制止しますので、

携帯やカメラを掲げているあなたの手をはたき落とします。

(とても、地元の私達ではできませんが。。。)

 

申し訳ありませんが、そんな、制止班が、活躍しなくてもいいように、

「写メ禁止だよー!」 と、言ってあげて下さい。

正直、制止班が動けば動くほど、せっかくのライブの雰囲気が悪くなります。

(実際は、平気で写メ撮ってる風景こそ、雰囲気の悪いものなんですが)  

ご注意下さい。  

 

以上です。

 

又、情報を更新してまいります。 遠方から、須佐へ初めてお越しいただく方も多いので、

極力、折角の機会を楽しんで頂きたいと思います。  

新着情報一覧へ