はじめまして、
シンポシオン計画の発起人、水元英登です。

 

8月27日に私の企画した初めてのイベント『シンポシオン』では40人を超える方々にご参加いただきましたことに、心より感謝申し上げます。おかげさまで、産声を上げたばかりのシンポシオンは第一回で終わることなく、10月16日、規模を拡大して第二回を迎える運びとなりました。

 

シンポシオンは、私が発起人ではありますが、お花見同様に大人がお酒を飲みながら有意義なコミュニケーションを取る大義名分として、「文化として」の世界への発信を目指しています。年齢、世代を超えた有意義な議論の場として、力強く歩みを進めることができています。

 

本当にありがとうございます。

 

8月に引き続き、今回のシンポシオンでは、100人という個人ではなかなかチャレンジングな目標を設定しております。シンポシオンがシンポシオンとして、それだけ多くの人に認知していただけると確信できたならば、もっと若くて美しい人に代表を引き受けていただきたいと思っています。そのような大事なプロセスとして当プロジェクトを計画しました。

 

応援いただければ幸いです。

 

新着情報一覧へ