みなさんこんにちは。

プロジェクト担当の喜田です。

 

残り10日となり、少しずつ増えてきたご支援に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

垂水区社会福祉協議会で働き始めて3年。地道にコツコツと活動されている地域のみなさんからエネルギーをいただいています。

 

今回、READYFORや赤い羽根共同募金を通じて、垂水区の課題や、その課題に対して地道に取り組んでいる各居場所のみなさんの活動を知ってもらうべく、このプロジェクトは始まりました。

なぜ、「居場所」「空き家」がキーワードになったのか、すこしご説明します。

 

高齢者数&生まれる子どもの人数ともに市内№1!
 神戸市には9つの区があります。垂水区はその中でも約22万人が住む、市内2番目の人口規模を誇る地域です。
 しかし、同人口の内、65歳以上の高齢者は約54,000人で、これは市内トップの人数でもあります。
 ちなみに、世帯数はというと、およそ95,000世帯で市内第3位、垂水区で産まれる子どもの数は1.45人でなんと市内トップ。全国平均も上回る数となっています。

 

住宅戸数&空き家数もともに市内№1!!
 また、神戸市の総住宅数は、平成25年の統計調査で828,290戸(うち空き家は108,100戸)という結果が出ていますが、
 神戸市垂水区は市内第1位の住宅数(112,420戸)ながら、空き家の数(14,380戸)も1位で、先の人口バランスと関係し、「子育て」や「高齢者」、「空き家」というキーワードの地域課題を抱えています。

 そんな中、地域の空き家や空き場所を活用し、居場所作りをすることで、子育て世代やご高齢の方、障害をお持ちの方が集える場を設け、失われた地域コミュニティーを活性化しよう!と日々奮闘しながら活動されているボランティアの地域住民の方々がいらっしゃいます。

 

 そこで、こうした居場所を支援することで、地域に住む人々の手で、地域が抱える課題を解消していくことができればという願いで、本プロジェクトは始まりました。

 

 プロジェクト達成を目指して、支援金の呼びかけを頑張りたいと思います。本サイトや垂水区社会福祉協議会公式ツイッターなどを通して、随時配信・呼びかけを行いますので、引き続き皆様の温かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 
垂水区社会福祉協議会(神戸市)
@tarumi_shakyo
https://twitter.com/tarumi_shakyo

■地域の居場所(コミュニティカフェ)は下記の3か所です!
各居場所の詳しい所在地などは、神戸市垂水区共同募金委員会までお問い合わせください。
(1)舞子坂ふーみん (毎週火・土曜10:00~16:00)
(2)いきいきカフェ滝の茶屋 (毎週水曜日)
(3)おしゃべりサロンほっこり (毎月第2・3・4金曜日) 
 

■問い合わせ先
事務局 神戸市垂水区社会福祉協議会
連絡先 078-708-5151(内線360)
メール info@tarumi-csw.or.jp
SNS https://twitter.com/tarumi_shakyo
サイト http://www.tarumi-csw.or.jp/02jigyo/bokin.html

新着情報一覧へ