READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

山形庄内で東北初「東電テレビ会議49時間の記録」を上映します

村田則子

村田則子

山形庄内で東北初「東電テレビ会議49時間の記録」を上映します

支援総額

295,000

目標金額 280,000円

支援者
34人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2014年01月25日 07:23

なぜ商業映画館で上映?

なぜ公民館などではなく商業映画館の『まちキネ』で上映するのか。

自主上映会であれば、公民館上映といったお金がかからないようなやり方もあります。今回、私達は経費は増す商業映画館の「まちキネ」での上映を、あえて選びました。


全国的な傾向として鶴岡市も長らくいくつかあった商業映画館が衰退していました。市民に愛される映画館があるというのはその街の文化を図る一つのバロメーターです。待望の映画館が平成22年5月にオープンしました。新築の映画館ではなく利用されなくなった歴史的建物、絹織物会社の旧鶴岡工場をリフォームしたものです。昭和初期の建築で木造平屋建ての工場が持つ特徴を活かして、内外装とも木質の材料を最大限利用した温かみのある建築物が地域の映画館として生まれ変わりました。

(まちなかキネマの館内)

長い歴史のある貴重な建物が壊されず、現代に合った形でよみがえり、鶴岡市民に文化交流の場として提供されています。映画の上映だけではなくホールではミニコンサートや、トークショー、展示会など催事にも利用されています。

 

まちキネがあることによって首都圏と同時に封切り映画を観ることができるようになりました。また興行的には難しくて今まであまり見られなかったミニシアターで上映されるような映画も観ることができます。更に市民の独自企画で良質な映画の上映会も行われています。市民と一緒に育てていく映画館となっており、映画好きの人たちのみならず市民の誇りでもあります。「東電テレビ会議49時間の記録」の上映とトークをまちキネですることは実行委員全員の一致した意見でした。

 

( 絹織物会社の旧鶴岡工場内部)

特にこの『東電テレビ会議49時間の記録』のような報道ドキュメンタリー映画を地域の中心的な商業映画館で上映し、さらに制作したメディアの方々を講師に迎えて背景にある問題点や報道のあり方などについて話していただく事で、地域に根ざした、より社会的なインパクトを持った商業映画館の使い方の前例となればとの思いも実行委員で共有しました。
 

一覧に戻る

リターン

3,000

①お礼メールの送付
②11月30日に行われた講演「木村英昭さんの話を聞く会」時の配布資料冊子

支援者
23人
在庫数
制限なし

10,000

①、②に加えて、
③庄内協同ファーム「うすきり餅」1つ
④「メディアを作る ー 小さな声を伝えるために」
 白石草著(岩波ブックレット)

支援者
7人
在庫数
制限なし

20,000

①~④に加えて、
➄朝日新聞記者 木村英昭氏著書 1冊
(以下のうちからいずれか1冊
・「プロメテウスの罠 1巻」
・「プロメテウスの罠 2巻」
・「官邸の100時間」)
※選択時に、応援コメント欄でいずれの著書を希望されるか記載ください。それぞれ最大5冊の在庫で、先着順にお選びいただきます。希望が集中した場合ご希望に添えない場合があります。

支援者
3人
在庫数
7

30,000

①~④に加え、
➄朝日新聞記者 木村英昭氏著書の3冊セット
・「プロメテウスの罠 1巻」
・「プロメテウスの罠 2巻」
・「官邸の100時間」

⑥・⑦のどちらかをお送ります。選択時に、応援コメント欄でどちらをを希望されるか記載ください。
⑥『東電テレビ会議49時間の記録』鶴岡自主上映会(2月15日)入場券2枚
(会場:鶴岡まちなかキネマ)
⑦小野寺農園 有機無農薬米 つや姫 5kg

支援者
3人
在庫数
完売

プロジェクトの相談をする