プロジェクト中止のお詫び


こんにちは。
プロジェクト実行者の嶺岸です。
この度は、2015年5月31日の募集を終了しました「震災詩集を作りたい!わたしたちの「町」を言葉で残します」に関して、実施状況のご報告をさせて頂きたくご連絡致しました。


現在「 震災詩集を制作するプロジェクト」ですが、長く続いてしまった体調不良と転学による環境の変化のため、実施ができておりません。
多くの方からのご支援を頂いたにも関わらず、このような形でのご報告となり、 大変申し訳ありません。
また、実行をしないことを決定した時点で、すみやかに支援者の方々に状況をお知らせするべきでしたが、その点につきましても、大変申し訳ありませんでした。
プロジェクトを実現させたいと強く思っておりましたため、中止するという決断がなかなかできないでおりました。

当初、2015年10月を目処に詩集の作成を進めておりましたが、先程も述べた通り体調が優れず作成に時間を割くことが出来なかったため延期となっておりました。
その後、何度か実施に向けて調整をしておりましたが、自身の病気とも重なり、思ったように活動ができない日々が続いておりました。
病気については快復に向かっておりまして、詳細の開示は控えさせていただければと思っております。

今回、当初お約束していたことが実施できませんでしたので、
今後はReadyforの指示に従って、返金をさせて頂きます。
この度は本当に申し訳ありませんでした。

支援金の返金の具体的な手続きについては、Readyfor事務局からご連絡して頂きます。
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています