私たちは日本の、世界の技術力によって支えらています。

私たちの間では一般的な画像解析技術と3Dプリント技術によってだれでも同じ道具を同じ形でボタンを押すだけで用意する事が可能です。

さらに、レーザー加工技術も候補として考えられます。

描き手のデザインセンスと職人の染色技術のコラボのハードルを下げる可能性です。

これらの技術は今後も更に進化するでしょう。

どうです?ワクワクしませんか!

新着情報一覧へ