プロジェクト概要

 

 急速に高齢化が進む札幌。極寒の環境で暮らす高齢者のために出張施術をしてあげたい!

 

はじめまして、ボディセラピスト兼心理カウンセラーの高橋道花(ミカ)と申します。札幌で50年ほど暮らし、現在2人の息子の母親です。

 

数年前、母が膝の通院の帰りに路面凍結した横断歩道で頭から転倒したことをきっかけに、冬の北国で暮らす高齢者の厳しさをひしひしと感じ、人の役に立つボディセラピーを目指すようになりました。

 

その後、女性専用サロンをオープンし、今年の春からは高齢者宅に車で出向いて身体の施術をしています。しかし、冬の間は家の中に暖房器具が置くスペースが必要になり、出向く時に持っていくベッドを置くための十分なスペースがありません。そこで、中古車を購入し車内に簡易式ベッドと暖房と車窓カーテンなどを施すことで、車内でもリラックスできる空間で施術できるようにしたいと思いこのプロジェクトを立ち上げました。

 

このプロジェクトを通じて高齢者への施術の機会を増やし、特に単身高齢者の身体をケアしながら愉しい会話をして元気にしてあげたいと思っています。そのための中古車購入費と改装費に100万円が必要です。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します‼︎

 

 

カウンセリングしてから身体の状態をみます。

           

 人の心に直接働きかけるボディセラピー。女性専用サロンをオープンするまで。

 

私の社会人としてのスタートは保育士からでした。子供の頃から保育士になりたいと決めていたので、迷いはありませんでした。そして、幼稚園の先生として働きながら、よい子供を育てるには健やかな親の心が不可欠であり子供にとって親の影響は絶大であることを痛感しました。

 

そうした経験から心理カウンセラーの勉強をし、また、子供の頃たくさんの植物や花が育つ温室でリラックスした体験から「植物や花は人を元気にする力があるのでは?」と思い、フラワーコーディネーターやアロマセラピーの資格を取得しボディセラピーを学びました。

 

フラワーエッセンスが心身にどのような効果があるのか、約2年間専門の先生につき、その後は札幌市内のサロンで約1カ月の研修、約9カ月アロマを使って身体をほぐすことの実践、この準備を経て女性専用サロン『山の手リラクサロン』をオープンしました。

 

独り暮らしの高齢者の居間でベッドを組み立てて施術の準備をします。冬はここにストーブが置かれるのでベッドの置くスペースが・・・

 

 超高齢化社会に突入した札幌。雪国での生活は高齢者にとても厳しい。

 

札幌市は観光客が多いため元気な都市に見られがちですが、実際は高齢者の転入(道内から)が3000人を超え、今では4000人に近づく勢いです。転出者数と相殺しても2500人は増えています。人口で見てみると、札幌市の65歳以上は約12万人。これは全体の約25%に当たり、6人に1人が高齢者ということを表しています。さらに言えば、その過半数が75歳以上です。

 

高齢者夫婦のみの世帯は過去25年間で5倍以上に膨らみ、今や札幌は長寿命の日本で1番の高齢化都市となりました。私の両親もこの超高齢化の中に含まれています。こうした状況で両親への想いも重なり、私は50歳を過ぎて身体をケアする仕事を始め、そして高齢者宅に出向いて出張施術をする仕事を思い切って始めました。

 

最近は温暖化で降雪が遅いと言われていますが、一旦降るとドアが開かないほどの "ドカ雪" が降ります。猛吹雪になると車のヘッドライトが役に立たないほどです。そして何より冬の厳しさは高齢者の体力を奪い、また戸外の危険も増大し、その上歩行が困難になります。そうした北海道の厳しい冬の環境と付き合いながら、私は高齢者が健やかに愉しく生きることができる社会、長生きしてよかったと思える社会にしたいです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
週に2回、施術をしていたら身体がどんどん軽くなったと旅行されるまでに。

  

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
下半身は座る時間の多い高齢者には特に念入りに施術します。

 

 高齢者の身体のケア用に中古車を購入し、車内で施術できるようにしたい!

 

この春から父に頼んで車を借り、木製の簡易式折りたたみ式ベッドを車内に運び、市内の高齢者宅に出向いています。この出張施術を「ぐるぐるカー」(※)と呼んでいます。

 

今回のプロジェクトでは、施術用のベッドの上部だけでも置けるような中古車を購入し、車内で施術ができるように簡易式暖房と車窓にカーテンなどを取り付けられるように改装もしたいと思っています!

 

冬季はストーブを置くため高齢者宅の部屋は狭くなります。タオルや枕など持参する荷物もたくさんあります。もし車内で施術することができれば、高齢者の方が「家の中を掃除しないと!」といった部屋への気遣いも不要になります。

 

また、高齢者マンションに入居されている方にも「ぐるぐるカー」で出向き、駐車場内の施術もできるのでは?と考えています。

 

料金設定も65歳以上の高齢者(女性)の方は、65歳未満の方の半額で施術させて頂いております。一人でも多くの高齢車の方に利用頂き「待ち遠しい!」「足が軽くなったよ」と喜んでいただけたらこんなに嬉しいことはありません!どんどん気兼ねなく利用して頂きたいです。

 

※「ぐるぐるカー」:出張範囲は札幌市内、冬でも車で行ける距離を考えています。

※市内から車で約30分以内めど

 

しっかりしたベッドなのでかなり重量があります。一人では限界の重さです。

 

 父の車の後部座席はベッドがやっとギリギリです。

        

 

「ぐるぐるカー」で高齢者のもとへ。

元気になる身体づくりをしてあげたい!皆さま、ご支援よろしくお願いします‼︎

 

今年の5月、私は考えていることが実際に必要とされているのか確かめるため、父に車を借り「ぐるぐるカー」を試しました。すると、高齢者の方たちの間で口コミが広がり、「わたしの家にも来てくれるのかね?」といった紹介が少しずつ増えていったのです。このとき、「ぐるぐるカーは必要とされる!」と確信しました。

 

月に1回の施術だけでも身体の調子は違ってきます。今回のプロジェクトを通して、故郷である札幌の高齢者の方や親御さんを北海道に残し道外にいる方のためにも、「ぐるぐるカー」で高齢者の方の身体をほぐしてあげたいです。

 

そして、今年の冬は改装した「ぐるぐるカー」で高齢者の方のもとに駆けつけたいと思います。そのためには皆さまのご支援が必要です。どうぞ応援をよろしくお願い致します‼︎

 

 

===================================

※クレジットカードをお持ちでなく、このシステム上でご支援が難しい方へ。

 

【以下の方対象】
・クレジットカードをお持ちでない方
・クレジットカード情報の入力が難しい方
・銀行振込希望の方で、支援額が1万円未満の方

お振込みによる入金ご希望の方は、下記口座までお振込みください。

 

【ゆうちょ銀行からの場合】

金融機関名: ゆうちょ銀行
店名: 19070 
口座種別: 普通口座
口座番号: 3632010
口座名義: タカハシ ミカ

 

【他銀行からの場合】

金融機関名: ゆうちょ銀行
店名: 908 (キュウゼロハチ)
口座種別: 普通口座
口座番号: 3632010
口座名義: タカハシ ミカ

 

*お振込される時は必ず貴方様のお名前の後ろに電話番号をご明記ください。
電話番号は無い場合、リターン、ご返金などができません。​


 必ず michinohana87@gmail.com 宛に、メールにて下記の内容をお知らせの上お振り込みください。
[ 振込人名・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス ]

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)