トセパン協同組合の活動のベースとなっているのが、森林農法による有機コーヒー栽培です。
 一般的に、コーヒーは大規模な農場でコーヒー(単一作物)だけを栽培するプランテーションで作られることが多いのですが、たくさんのコーヒーを能率よく栽培することができる反面、天候不順などでコーヒーが不作になった時、生産者は自給用の作物や他の換金作物が無いために生活が不安定になりがちです。

 森林農法のコーヒー園では、コーヒーだけではなくいろいろな木が植えられています。背の高い木・低い木、草などに交って、コーヒーの木も育っています。トセパン協同組合でも、オールスパイス( 背が高いので、直射日光が苦手なコーヒーの木に日陰をつくってくれます)、シナモン、かんきつ類などの果樹、薬草となる植物、薪として使える木など実にさまざまな植物が見られます。多様な木がある森は、コーヒーが分散していて作業に手間がかかりますが、こうした多くの恵みをもたらし、生産者を支えてくれるのです。

 

(森の中でコーヒーの収穫作業を行う生産者の皆さん)

 

 こうした多様な植物が生き、森をすみかにする動物や鳥類が活き活きと暮らしている状態を「生物多様性が豊か」と言います。森林農法の森には数十種類から数百種類の鳥類が見られ、コーヒーだけの単一栽培においては、数種類の鳥類しか見られません。
 生物多様性が豊かな場所には、害虫と共に天敵となる別の虫がいて、病原菌にも拮抗する別の菌が存在しています。結果として、害虫や病気の菌だけという偏った環境になりにくく、全体のバランスがとれることで、木自体も健康になり、農薬や化学肥料を使用せずに有機栽培をすることができるのです。森林農法は、地球温暖化防止や生物多様性の保護の観点からも、今改めて注目されています。
 

 そしてこのトセパン協同組合の豊かな森づくりに大きな役割を果たしているのがハリナシミツバチです。トセパン協同組合の拠点であるクエツァランの周辺はバニラの自生地ですが、バニラは花が細長いため、西洋ミツバチでは受粉を促すことができないと言われています。しかしこの一帯では、ハリナシミツバチが受粉を促し、自生できているのではないかと言われています。

 森林農法の森とその広い森を自由に飛び回るハリナシミツバチ。お互いがお互いを支え合っています。

 

(生物多様性豊かな森林農法の森)