いよいよ、9月1日の募集期間終了まであと7日となりました!

 

目標金額700万円のところ、
現在、達成額550万、あと150万円です!

皆さまからの温かい応援コメントを励みに毎日、
このプロジェクトをもっともっと知ってもらえないかと
ラストスパートをかけるべく東奔西走しています。

 

改めて、今回ファンドを活用することになった理由をシェアさせていただきます。

 

今回製作・配給を行う松竹で、制作をスタートするに足るミニマムな制作費+配給費を確保しています。なので、必ず映画は日本での公開が決まっています。


ただ、ドキュメンタリー映画はマーケットも小さく、エンターテインメント作品のような大きな収益は見込めません。 そのため、現状の制作費は潤沢とはいえません。

それでも、私たちは、<1年間に渡る長期取材>にこだわりたいと考えました。それは、日本の食文化は常に”旬”というものと共にあり、四季を通してでなければ描けない姿がそこにあると思ったからです。

 

皆様から頂いた支援金は制作費として、撮影の日数やロケの回数、撮影手法などを充実させ、ドキュメンタリーとしてよりよい内容にするために使わせていただきます。


また、賛同いただいた方とともに、「日本の文化を世界に発信するプロジェクト」を大きなムーブメントにしていきたいと思っています。

 

この映画を通して、日本の食文化の価値を再発信し、
<未来へ><世界へ>伝えたい。

 

どうぞ、引続き皆さんの熱きサポートをよろしくお願いいたします!
ご自身のFacebook上でのシェアや、ご興味ありそうな方へのシェアもぜひよろしくお願いたします。
(この文章にメッセージを付けてシェアしていただけましたら嬉しいです。)
もう、残り時間も少なくなってきました。

皆さまのご支援をお願い致します!

 

手島・奥田

新着情報一覧へ