私たち筑波大学蹴球部のファンクラブの入会特典についていわゆるプロであるJリーグのクラブと比較しながら見ていきたいと思います。

 

欧州のサッカー文化にはまだまだかなわない部分もありますが、日本のサッカー文化の中心にあるJリーグは本当にすごいです。

2017年の各クラブの営業収入の総計は1000億円にせまり、一年を通して、1000万人を超える人々が会場に足を運んでいます。また、昨年からはDAZNによってネット配信が始まり、さらに多くの人々がJリーグを観る環境が整いました。本当にJリーグはすごいです。

 

そんなJリーグのクラブのファンクラブの基本的特徴をまとめてみます。

 

1.会員数  数千人~数万人

 

2.年会費  数千円 (別途入会金がある場合も)

 

3.何かしらもらえる

  …グッズ、オフィシャル会報誌、招待チケット...

 

4.ファン感謝デー的イベント

 

5.選手とより近くで関われる

 

6.サイト上でのマイページ

 

等々、各クラブごとに細かい部分は違えど、基本的にはこのような形でファンクラブを運営しています。

 

これを踏まえて、筑波大学蹴球部が予定しているファンクラブの運営方法及び入会特典を見ていきましょう。

 

1.会員数

  …まず0期会員として1600人を目指します!プロの規模になるかどうかはわかりませんが、つくば地域を中心に広げていければと思います。また、これをきっかけに筑波大学スポーツに少しでも注目が集まればと思っています。

 

2.年会費

  …本プロジェクトが無事達成したら、ファンクラブが無事に設立されるわけですが、設立後は一切お金をいただかない予定です。ファンクラブ会員年会費を無料で行います。未就学児でも小学生でも中学生でも大歓迎です。プロクラブと大きく違うのは、私たち筑波大学蹴球部はビジネスをしようとしてるわけではありません。蹴球部を日頃から支えてくださる地域の皆様、ファンの皆様とお互いにより良い関係性を築きたいと思っています。

 

3.何かしらもらえる

  …本クラウドファンディングでは1000円をいただき、そのリターンとして会員証やグッズ、様々な権利をお渡しします。無事、ファンクラブが設立した後には、無料で登録していただいた新規会員の皆様には、会員証をお送りする予定です。

 

4.ファン感謝デー的イベント

  …オフシーズン等の時間があるときにぜひできればと思っています。蹴球部のイベントとしては、ホーム開催や小学生向けの大運動会など様々なものがあります。ファンクラブ会員の皆様には参加していただくだけではなく、そのイベントの運営側にも積極的に立っていただきたいと考えています。また、そのようなプラットフォームを創っていきたいと思っています。

 

5.選手とより近くで関われる

  …これはプロクラブだと選手と交われる機会の希少価値が高いがゆえに重視される部分ですが、私たちは大学生です。なので、練習場に来ていただければいつでも会えますし、筑波のグラウンドに観に来ていただければ、目の前でプレーを観れますし、試合後には触れあうこともできたりします。

 

6.サイト上でのマイページ

  …本クラウドファンディングの支援金をほんの少し使って、ファンサイトというものを設置します。マイページをそれぞれの会員様に設置することは予算的にもコンテンツ力的にも難しいですが、このファンサイトによって、より蹴球部について深く知り、深く関わっていただくことができればと持っています。

 

 

 

このような感じで私たちなりに運営していきたいと思っています。

このほかにも随時、面白いことができそうだったら、やります。

設立後は入り口を大きく大きく広げたものにしていきたいです。老若男女、様々な人が関われるようなものにしていきます。

 

 

皆さんは、今までの人生で何かのファンクラブに入ったことはありますか?アーティストであったり、スポーツチームであったり、いろんなファンクラブがありますが、この蹴球部のファンクラブが人生で初めてという人もいるかと思います。

 

人生で初めてのファンクラブになるかもしれないファンクラブはまだ無事に設立を迎えていません。この状況、ちょっとおもしろいですね。

 

ご協力よろしくお願いします!!

 

新着情報一覧へ