こんばんは。パレスチナ・アマルの北村です。

 

恐ろしかったナクバの日(5月14日)のガザでの惨劇。

昨日、現地の友人からメッセージを受け取りました。

彼女の友人が、その日犠牲になったとのこと。

彼女の悲しみに、どう寄りそうことができるだろう。

「どうか絶望しないでほしい。」

彼女が、どうにかなりそうで怖かった。

 

抗議行動の最前線に立つ若者たちにあったのは、「絶望」に他ありません。

完全封鎖されて11年。

閉塞感が蔓延し、失業率も高く、国際社会から見捨てられた、八方塞がりの「天井のない牢獄」。

 

それでも、そこで針を刺し、美しい刺繍をつくる女性たちがいるのです。

彼女たちが作る限り、刺繍を日本に届けてもらい、その営みを守りたい。それが彼女たちに「絶望」を抱かせない手段であるならば、続けなければ、と思うんです。

 

 

ガザに関わって19年。日本にいる私でさえ、ともすれば「無力感」や「絶望感」に捕らわれそうになりますが、そんな時、アマルをやっていて良かったな、と思います。私にはまだガザのためにできることがあるんだと。今回、つくづくそう感じました。

 

日本からガザに。「希望(アマル)」を伝えたいのです。

日本には、あなたがたの美しい刺繍を待ち望んでいる人がいる。

新しいパレスチナ刺繍を楽しみにしている人がいる。

それを一緒に作ろうって、日本にはこれだけ仲間がいるんだよって。

その輪をできるだけ大きく広げることが、今回のプロジェクトなんです。

 

あなたも仲間になりませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ