UNRWA・Sulafa商品開発への道8.ガザでサンプルづくり

みなさま、こんばんは。パレスチナ・アマルの北村です。

デザイナーから託されましたパターンを手に、2月にガザを訪れました。

 

 

まずは、布を探しに。1月にUNRWA・Sulafaを辞めてしまったアイシャが、ガザの布屋さんを色々と案内して下さいました。

 

 

けれど、なかなか良い布がなくて。

後日Sulafaの副マネージャーも、布屋をめぐって下さったのですが、なかなか見つかりませんでした。

「ガザで自分がほしいものを手に入れるのは、本当に難しいのよ」

結局、Sulafaにある布が一番良いね、という結論になりました。

 

 

Sulafaのマネージャー、インストラクター、テイラーさんたちと。

みんな、本当に一生懸命に商品開発に取り組んで下さいました。

 

けれど、難しい…。

はじめての試みなので、女性たちが少々パニクっていました。

さすがに一度だけで、うまくいくわけがありませんよね。

とりあえず、一度目のサンプルを待つことに。

どうぞ、素敵に仕上がりますように。

 

ガザでの奮闘を、動画で撮影しています。

よかったらyoutubeをご覧くださいませ。

 

さらに、ガザでの最新報告会を3月24日に東京で行います。

こちらも、よかったらご参加下さい。

 

ガザ最新報告会~パレスチナ刺繍とガザ難民女性の営み~

【日時】3月24日(日)15:00~16:00
【場所】SBL2(エシカルペイフォワード向かいの井川ビル2階)
    東京都中央区日本橋蛎殻町1-24-4 井川ビル2F
     (最寄り:水天宮駅、人形町駅、茅場町駅)
【参加費】500円 *当日受付でお支払いください。
【登壇者】北村記世実(パレスチナアマル代表)

参加希望の方はethical@social-artist-village.org までお名前とご連絡先(携帯番号)をメールでお知らせください。

 

UNRWA・Sulafaのパレスチナ刺繍展示販売会も、併せて行っております◎

 

「パレスチナ刺繍・ガザの女性たちの手仕事展」
期間:3月22日㈮~24日㈰
時間:金11:00-19:00、土・日:12:00-17:00
会場:エシカルペイフォワード(東京都中央区日本橋蛎殻町1-21-6 1F)
https://ethical-payfoward.jp/

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています