UNRWA・Sulafa商品開発への道7・パターンが完成いたしました

こんにちは。パレスチナ・アマルの北村です。悲しいお知らせがひとつ。

 

これまでUNRWA・Sulafaの海外窓口となって下さっていた担当者アイシャが
UNRWAの財政難に伴いまして、1月31日にSulafaをやめました。
多くのスタッフの契約が更新されなかったのですが、
アイシャもその一人になってしまったそうです。

 



本当に悲しくて、残念で、やりきれない思いですが、
彼女の愛するSulafaを存続できるよう、これからも尽力いたします。

昨日、京都のデザイナーより、洋服のパターンを頂きました。
パリコレ準備のお忙しい中、素敵なパターンを作って頂き
これから、どういった手順で進めていくか、ご提案下さいました。

本当に手探り状態ですが、少しづつでも前進あるのみ。
商品開発を楽しみにしていたアイシャのためにも、がんばります!
 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています