プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

目標達成!
そして1人でも多く ヴィアティンを愛してくれる人を!

 

たくさんの方に応援いただいたお陰で、50万円のご支援をいただき、達成することができました。改めて、感謝申し上げます。本当にありがとうございます!!


私たちはまだまだ立ち上がったばかりのチームですが、こんなにも多くの方から応援していただくとは思っていなかったので大変な驚きと同時に心から感動しております。

 

そして今回のクラウドファンディングを通して、応援してくださる方々のためにもっと頑張っていこうと思えました!そのため、今回のクラウドファンディングも残りの期間で1人でも多くの方々に応援していただきたく、支援者人数 70 を目指し、挑戦を続けさせていただくことにしました。

 

引き続きいただきましたご支援は遠征費用などの活動費用に充てさせていただきます。是非是非、これからも、ファンの皆さまのお力添えをいただき、勝利を届けられるように頑張っていきます。

 

引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

※2017年12月13日追記

 

11月18日開幕!
 参戦となるVリーグを戦い抜くために、遠征費のご支援をお願いいたします。

 

はじめまして!三重県の四日市市、桑名市をホームタウンとして活動しているプロバレーボールチームの「ヴィアティン三重バレーボール」と申します。

 

2016年1月31日にチームが発足、今年7月1日にはVリーグの準加盟チームとして正式加入を果たし、「V・チャレンジリーグⅡ」に参戦できることになりました。

 

11月18日からリーグが開幕し、戦っています。しかし、ここで大きな壁に直面しています。リーグでは全国各地を転戦するのですが、遠征費は400万円ほどにもなり、チーム単独では到底集めることができない状況です。そこで今回、みなさまにお力をお貸しいただければと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

 

このクラウドファンディングは資金のお願いをするためだけに挑戦しているわけではなく、一人りでも多くの方に支えていただきたい、そして、そのみなさんと一緒に戦い抜きたい。そんな思いで立ち上げました。多くの方に支えてもらったからこそ今があります。そしてこれからも頑張ります!ぜひ応援をよろしくお願いいたします!

 

コートで生き生きと走り回る選手の姿は、子どもたちの憧れです。

 

バレーボールで子どもたちや地域に、 と感動を届けたい!

 

全国47都道府県には、さまざまなスポーツでプロチームがあり、地元を中心としたファンに愛されています。私たち自身もたくさんの地元の方々の声援やお力添えがあったからこそ、チームを発足させることができ、今年からはVリーグへの参戦も実現できました。

 

しかし三重県は他の地域に比べてプロスポーツの数が少なく、プロチームが存在していることすら、あまり知られていません。

 

そこで私たちは、プロスポーツチームとしてできることは何なのかを考えました。そしてたどり着いたのが「スポーツで子どもたちを笑顔にし、地域に夢と希望を与える」というビジョンです。

 

子どもたちにいろいろなスポーツを楽しめるような環境を整え、スポーツを通して、さまざまなことを学び、視野を広げることができると考えています。

 

さらに子どもたちだけでなく、お父さんお母さん、そしておじいちゃんおばあちゃん―三世代みんなが一緒に集い、楽しめるコミュニティをつくり、地域とともに私たちチーム・クラブも成長していければと思っています。

 

2017/18のリーグがいよいよ11月18日から開幕します!

 

トップリーグを目指すことで、 重県のスポーツを盛り上げる!

 

私たちは、2017年にVリーグへ準加盟を果たしました。今回初参戦となるV・チャレンジリーグⅡでは10チームが参加し、全18試合を全国各地で戦うことになります。

 

遠征は多額の費用がかかり18試合すべての遠征費には約400万円の費用が必要になる計算です。しかし、ヴィアティン三重バレーボールは発足からまだ2年足らずということもあり、チームの認知度は地元でもまだまだ低い状態で、財政状況は決して潤沢とはいえません。

 

そこで今回のプロジェクトでみなさまからいただいたご支援を、チームの遠征費の一部とさせていただきたいと思っております。

 

皆さまのご支援が支えとなり、最大の励みとなります。

まだまだのチームですが、選手たちの思いは他にはないくらい熱いものがあります。

 

今シーズンを戦い抜き、好成績を収め、たくさんの地元の方々に、三重県にVリーグチームが誕生したことを知っていただきたいと思っています。また、チームが活躍する姿を子どもたちに見てもらうことで、バレーボールだけでなく、三重県のスポーツ全体の活性化に繋がると信じています。

 

V・チャレンジリーグⅡに参戦する10のチーム。

 

ヴィアティン三重バレーボールが、三重から世界へ ばたくきっかけに。

 

三重県には、伊勢神宮、鈴鹿サーキット、熊野古道など、観光名所や文化的資産が数多く存在しており、県民の誇りにもなっています。ですが、人を育てたり受け皿となる場所が少ないことから、県外に人材が流出してしまうという課題を抱えています。

 

そのひとつが、スポーツ人材です。

 

野球、サッカー、バスケットボール、バレーボールなど、さまざまなスポーツで全国トップクラスで活躍できる選手がいたとしても、三重には受け皿となるチームがないため、他県に流出してしまうのです。

 

三重県では来年、平成30年に「全国高等学校総合体育大会」が、そして平成33年には「とこかわ国体」が開催されます。否が応でもスポーツへの関心は高まり、子どもたちにも大きな影響を与えると考えています。こうしたスポーツ振興に、ヴィアティン三重バレーボールも大きな役割を果たしていきたいと考えています。

 

リーグを戦い抜き、チームがトップリーグである「V・プレミア」を目指すことで、バレーボールでトップクラスを志す選手の受け皿になることができます。そして、トップ選手が活躍する姿は、地域に夢と感動をもたらします。そのための第一歩が、今年のV・チャレンジリーグⅡへの初挑戦なのです。

 

みなさまからの応援、そして温かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします!

 

ヴィアティン三重では、子どもたちがいつも笑顔でいられるようなクラブを目指しています。

 

 

リターンについて


・お礼メール
 

・ヴィアティン三重オリジナルタオルマフラー
 

・選手サイン入りオリジナルTシャツ(ご希望の選手を指名できます)
 

・全選手のサイン入りボール

 

・全選手のサイン入りレプリカユニフォーム

 

・ヴィアティン三重公式ホームページにお名前を掲載させていただきます。