彼女の涙がすべてを物語る


ソンミ村大量虐殺から40年経った今、奇跡的に虐殺を逃れた生存者が3名いる。その中の一人、トゥン・ティ・レさん(79歳)。家族、親戚を含め、13人中11人の命が奪われた。レさんと当時6歳の4番目の息子のみが助かった。子どもたちをベッドや退避壕の中にかくまったが、当時17歳の娘は引きずり出され、レさんの見ている前で米兵に輪姦されたあと、殺害された。
「今、アメリカ人は嫌いじゃない。友人だ」とレさんは話すが、当時を思い出し、泣きながら話す口調には、今なお、米兵に対しての怒りと憎悪、悲哀がこもっているようにもとれる。


(2008年 クアンガイ省)

 

◆「それぞれのベトナム戦争」 書籍を出版したい(今年11月発売予定)
https://readyfor.jp/projects/vietnamwarbook

新着情報一覧へ