クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

沖縄での「和田中の1000日」映画上映会を通じて地域と学校をつなげる教育を

東濱克紀

東濱克紀

沖縄での「和田中の1000日」映画上映会を通じて地域と学校をつなげる教育を
支援総額
715,000

目標 600,000円

支援者
42人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2013年02月07日 08:50

リンクアンドモチベーション

 

今回の映画上映会について、株式会社リンクアンドモチベーション様から寄付を頂くことができました。株式会社リンクアンドモチベーション様から寄付を頂いた背景ですが、私が12年前の大学生の頃、就職活動をしていた時に株式会社リンクアンドモチベーションの会社説明会に参加したのがきっかけです。

 

「この会社に入社したら日本の教育を変えることができますか?」

という質問をした私に対して、

「君が本当に教育を変えたいと思っているのなら、変えることができるよ。

君が発信しつづけたらね。その分野で第一人者の人に会っていけばいい。」

とアドバイスを頂いたのが、株式会社リンクアンドモチベーションの小笹会長でした。

 

(その時の経緯は、こちらに書いてあります。)

▼日本の教育を変えるには?

https://readyfor.jp/projects/wada1000days/announcements/2079

 

寄付の依頼をするために直接東京の本社を訪問して、受付の方に

「小笹会長に12年前にお世話になってものです」

と伝えて、映画上映会の資料を預けてきました。

(渡した資料は、以下の文章を書いた手紙です)

 

===========================

 

株式会社リンクアンドモチベーション 代表取締役会長 小笹芳央様

 

 突然のご連絡、失礼致します。12年前の2002年2月に、リンクアンドモチベーションの会社説明会にて小笹様へ「日本の教育を変えるためにどうしたらいいですか?」と質問をさせてもらった、東濱克紀(ありはまかつとし)と申します。

 

 12年前の私は大学3年生で就職活動をしていました。私の周りに関係する社会問題や、政治にもそれなりに関心があり、市民レベルでの活動にも興味がありましたが、それが直接社会を変える原動力になっているように実感できることはなかったです。

 

 市民一人一人が「どのようにしたら社会をよりよく変えていくことができるのか」と考えて、「とにかく自分の頭で考えること」をできるようになりたいと思いましたが、日本の教育では情報のインプット能力だけを評価して、アウトプット能力や情報を自分で判断する能力を鍛える訓練を行なっていない。そこで、「日本の教育を変えたい」と思いましたが、「どうしたら変えることができるのか」わかりませんでした。

 

 大学生の頃は教師になろうと考えていましたが、すぐに教師になる方がいいのか迷い就職活動もしていました。そこでリンクアンドモチベーションの会社説明会で直接小笹会長に質問する機会があり「この会社に入社したら日本の教育を変えることができますか?」という質問をさせて頂きました。会社説明会の内容にはあまり関係無いにも関わらず、小笹会長は丁寧に答えて頂きました。

 

 「君が世の中でおかしいなと思っていることは君がやらなくても、僕がやらなくても30年もしたら変わっているよ。だけどその30年を10年にしたいよね。君が本当に教育を変えたいと思っているのなら、文部科学省でなくても、この会社でなくても、教育と全然関係ない会社であっても変えることができるよ。君が発信しつづけたらね。その分野で第一人者の人に会っていけばいい。もうそういう人を知っているんだろ?」とアドバイスを頂きました。

 

 その後、教育改革の分野で第一人者のである、東京都で初めて民間人校長になった、藤原和博さんと出会うことができました。私はリクルートへの就職を経て、今は地元の沖縄で教師になり、沖縄から日本の教育を変える為の取り組みを行っています。

 

 就職活動の会社説明会で教えてもらった言葉「君が本当に教育を変えたいと思っているのなら、変えることができるよ。君が発信しつづけたらね。その分野で第一人者の人に会っていけばいい。」から教えてもらったこと。「発信しつづけること」「第一人者の人に会っていくこと」は今後も続けていきたいと思っている。そうすれば、教育を変えていくことができると思っています。

 

 今回、和田中学校の取り組みを一人でも多くの人に知ってもらうために、藤原和博氏が校長の時の記録映画「和田中の1000日」映画上映会を行います。「和田中の1000日」の映画上映会実行委員会を立ち上げ、公立小中学校の体育館等にて上映会を行います。上映会を行政、企業、教員、PTA、大学生、が一緒に行うことで、学校と地域がつなげる教育のモデルを共有します。私の今後の目標は、「和田中の1000日」の映画上映会を全国100ヵ所で行うことです。

 

 ぜひ、こちらのサイトをみて頂き、ご賛同頂けたらと思っております。

 

▼沖縄での「和田中の1000日」映画上映会を通じて地域と学校をつなげる教育を

https://readyfor.jp/projects/wada1000days

 

 突然のご連絡で申し訳ございません。今後とも発信していきたいと思います。

 

「和田中の1000日映画上映会」実行委員長 東濱克紀

 

===========================

 

 

会社を訪問したその日の夕方に、株式会社リンクアンドモチベーションの広報担当の方からご連絡を頂き、寄付を頂けることになりました。

 

ちなみに小笹会長には、12年前の会社説明会でお会いして以降、お会いしたことはありません。しかし、就職活動の会社説明会で教えてもらった言葉「発信しつづけること」「第一人者の人に会っていくこと」は今も続けています。そうすれば、教育を変えていくことができると思っています。

 

今後についてですが、今回、無事に達成できたことを発信していって、

「まずは一人から映画上映会を行いたい」

と思っている方を、サポートしていきたいと思っています。

 

各地で映画上映会を行うための「実行委員会」を立ち上げることができれば、さまざまな方がつながるきっかけができると思っています。

 

今後も発信していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

 

東濱克紀

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

*サンクスメールをお贈りします。
*「和田中の1000日上映会」藤原和博氏講演会の講演録をメールにてお届けします。

支援者
20人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

上記2点に加え、
*講演会の映像DVDを一枚お贈りします。

支援者
16人
在庫数
34

15,000円(税込)

上記3点に加え、
*お住まいの地域で「和田中の1000日」映画上映をご希望なさる支援者様を、東濱がサポートさせていただきます。

支援者
1人
在庫数
29

20,000円(税込)

10000円の引換券に加え、
*東濱が直接支援者のところに伺い、よのなか科の出前授業を行います。
※出前授業に伺う先は沖縄県内限定とさせて頂きます。
※県外の方へは、よのなか科の授業を収録したDVDをお贈りします。

支援者
5人
在庫数
完売

30,000円(税込)

10000円の引換券に加え、
*第二回「和田中の1000日」映画上映会へご招待させて頂きます(1組2名様まで)

支援者
1人
在庫数
4

50,000円(税込)

30000円の引換券に加え、
*中高生がパーソナリティを務めるラジオ番組「ゆるやかネットワークを作ろう」にゲスト出演して頂けます。(直接スタジオへお越しになれない方は電話出演も可能)

支援者
1人
在庫数
2

100,000円(税込)

50000円の引換券に加え、
*第二回映画上映会の「特別協賛」として、感謝状の贈呈及び希望の場合スピーチをして頂けます。

支援者
0人
在庫数
5

200,000円(税込)

100000円の引換券に加え、
*「和田中の1000日」映画上映会報告書の中に「特別協賛広告」を1ページ掲載させていただきます。

支援者
0人
在庫数
3

300,000円(税込)

100000円の引換券に加えて、
* 「和田中の1000日」映画上映会報告書の中に「特別協賛広告」を表3に掲載させていただきます。
※サイズはB5用紙の1枚で法人企業限定です。
※映画上映会報告書は500部作成いたします。

支援者
1人
在庫数
完売

プロジェクトの相談をする