プロジェクト開始早々、ご支援ありがとうございます!!

リターン購入してくださったかた、ありがとうございます!

(題名がなぜドイツ語なのかといいますと、ウィーンの公用語だからです)

 

さて、一回目の投稿は「コーヒー店」について少し熱く語りたいと思います。

早速フルスロットルです(笑)

 

 

皆様が行くコーヒー店というのはどんなところでしょうか?

スターバックスのようなまったり系カフェが好きな方もいれば、ドトールのようにサクッと飲んで出ていけるところが好きな方もいるでしょう。

 

また、個人が経営するお洒落でシンプルなカフェが好きな人や、純喫茶のようにレトロでシックな雰囲気を漂わせるところが好きな人もいるはずです!

 

 

カフェ派か喫茶店派にわかれることだと思いますが、実はこの2つ、明確な違いはないのです。飲食店営業許可をとっているのがカフェで、喫茶店営業許可をとっているのが喫茶店です。なので、お酒を出している喫茶店があった場合は、飲食店営業許可をとっているので事実上はカフェになります(笑)

 

なんだかおかしな話ですね。ちなみに、お酒を出していない喫茶店のことを「純喫茶」と呼びます!雰囲気が素敵でレトロだから純喫茶、というわけではないんですね。

 

 

つまりカフェや喫茶店のちがいというのは、みんなのイメージでしかないということになります。

 

しかしですね~、海外においてはカフェというお店しかないのに対して、日本にはカフェと喫茶店という区分があります。不思議ですよね、ここテストにでます(笑)

 

個人的にこれは日本が誇る多様性の1つだと私は考えています!

世界でコーヒーを飲むのは、カフェしかなかったけど、日本には喫茶店というジャンルがある!これは素晴らしいことです。

 

 

ぜひ、身近にある日本独自のカフェスタイル、「喫茶店」を覗いてみてください。そこには日本にしかない文化が存在しております。そう思えてくると行きたくなりませんか?(笑)

 

今回の投稿、お読みいただきありがとうございました。次回投稿、楽しみにしてください。

ぜひぜひご支援お待ちしておりますので、皆さま応援よろしくお願いいたします!!!

 

Sehen wir uns wieder!!

(また会いましょう!!)

新着情報一覧へ