~心の色はモノトーン~

 

サラリーマン時代だった頃、
「Monotone」を聴いてくれた後輩が
「曲は休日に作れるから会社は辞めない方がいいよ」
とアドバイスしてくれたことを思い出します。

 

僕自身も後輩と全く同じ考えでしたし、
亡き母からも同じことを言われていました。

 

しかし、
人生の成り行きと自分の意志で会社を辞めました。

 

一度きりの人生で夢に集中する時間を作ることは、
容易くは決められませんが不可能ではありません。
夢に志と信念の迷いがなければ可能です。

 

どちらの道にも良いことも悪いこともあり、
大した違いがないのが現状です。
幸不幸は本人の気持ち次第です。

 

僕の想像ですが、
「結婚」に似ていると思います。
結婚して幸せな家庭を築く人もいれば、
離婚して悲しい想いをする人もいます。
チャレンジしてみないと分かりません。

 

「あぁ!音楽に打ち込めて良かった!」と
心から言える曲を作ることが、
今の僕にとって大事なことです。
そして、多くの人に聴いてもらうこと。

 

はっきり言えることは、
僕の心はすぐにモノトーンに色褪せてしまいますが、
曲を作ると心が色鮮やかになり、
幸せを感じるのは今も昔も変わらないのです。

 

 

【No.18】につづく

新着情報一覧へ