皆様のご支援に感動しております!

 

このworld Dreamのこれからの発展の為にも

 

ご支援ご協力よろしくお願いします!

 

 

今回は第1回目のWorld Dreamから出演してくれている

 

新井誉久さんを紹介します

 

彼と出会ったのはシカゴにあるジョフリーバレエ団。

私の生徒の一人がそこのバレエ団付属の学校に留学していて

12月のくるみ割り人形に私の生徒が出演していたのでシカゴまで見に行きました。

そこのバレエ団に居たのが新井くん、日本人ですかと話しに来てくれたのが1番最初の出会いでした。

彼からご飯のお誘いをもらい、なんとご馳走になりました!

彼の心遣いにすごく惹かれ、World Dreamを開催したいということを伝えるとすごい賛成してくれて、彼も出演してくれるようになりました。

 

今となってはWorld Dreamでは振付の担当や、クラスを教えたりして色々と手伝ってもらっています。

 

彼の明るい性格やダンサーとしての佇まい、

スタジオや他のダンサー達を活気づけてくれます!

 

シカゴにて

 

 

そこで彼のプロフィールをご紹介させていただきます!

 

10歳でバレエを始める

 

2007年 ローザンヌ国際コンクールファイナリスト

15歳で英国ロイヤルバレエ学校に入学し、在学中はロイヤルバレエ団の公演にも参加。

2008年 バレエスクールをHonorで卒業、Achevment Awardを受賞。

ノーザン・バレエ(英国)に入団。ピータンパンや真夏の夜の夢など多数の作品を踊る。

2011年 タルサバレエ(アメリカ)に入団。著名な振付家(イリ・キリアン、ウィリアム・フォーサイス、ジョージ・バランシン等)の作品を踊る。

2012年 ジョフリーバレエ団に移籍。彼の実力が認められソリストやプリンシンパル級の役を踊るようになる。

彼の伸びやかなテクニックや素晴らしい表現力そしてコンテンポラリーダンスに対する理解度は群を抜いている。

 

 

 

こういうダンサー達がWorld Dreamに集結しています!

 

彼らが踊れる場を提供したい!

 

 

ご協力よろしくお願いします!

 

 

新着情報一覧へ