こんにちは、望月です。

 

私たちの挑戦の日々も残り5日、

たくさんの応援を頂き、あと一歩というところまできています。

 

今日は、日本における「対話による学びの場づくり」の草分け的存在といえる、中野民夫さんから、応援メッセージを頂きましたのでご紹介させていただきます。

 

-------

 

ワールドピースゲームを応援します。

子どもだけでなく、私も挑戦してみたい!

 

ワークショップ企画プロデューサー・東京工業大学教授 

中野民夫

 

21世紀はもっと平和で持続可能な世界になる、との期待は見事に裏切られ、

現実はますます複雑な様相を呈しています。戦争も格差も環境破壊も、個人的には良くないと思う人が多くても、なぜ世界から無くならないのでしょう。

ワールドピースゲームは、まだ柔軟な子どもたちが、様々な立場を担いながら、簡単な解決のない世界の難問に集団で取り組むシミュレーションゲーム。

予期できない展開の中で、子どもたちの「思考力」「創造力」「コミュニケーション力」「当事者意識」が身につくとのこと。

15〜20時間ほどかけ、ステップを追って真剣に取り組むことで、あとに続く大きな学びや自発的な力につながりそうです。

大人になると「どうせ無理だよ」「変わらないよ」と諦めがちですが、私たち大人こそ、ワールドピースゲームの日本への導入を応援しながら、子どもたちと一緒に学び考え続けたいと思います。

 

--------- ここまで ----------

 

中野民夫さん(著書:ワークショップ―新しい学びと創造の場 (岩波新書)

力強い応援メッセージをありがとうございます。

 

 中野さんと私の出会いは、なんと20年前。

参加型ワークショップの楽しさや、深く自分の中を見つめてみることの大切さなど、たくさんの学びを中野さんから受け取ってきました。

 

そして昨年の夏、ジョン・ハンターの研修を受けた私は、

「教えないことで起こる学びが大切」「答えは自分の中にある」など、ジョンが紡ぐ多くの言葉が、中野さんから得た学びと深く繋がってくるのを感じたのでした。

そこにあるのは、創造的なインスピレーションを刺戟する、

とても有機的な場作り。その具体的なツールとしてのワールドピースゲームを、こうして日本の皆さんにご紹介できるのは、本当に大きな喜びです!

 

ぜひ達成して、素晴らしい学びの場を実現させ、皆様のお気持ちに応えたい!と思っています。あと一押し、どうぞ宜しくお願いいたします!

 

望月 理奈

新着情報一覧へ