こんにちは、石巻専修大学山崎ゼミナールです。

 

今回は私達がこれまで行ってきたワークショップの1部をご紹介致します。

今年の3月に開催された第3回国連防災世界会議で復興ボランティア学ワークショップを行いました。

この会議では国際的な防災戦略について議論をする、国連主催の会議となっており、

187の国連加盟国が参加しました。

日本で行われた、史上最大級の国際会議なのです。

 

この貴重な場で、私達のワークショップには50名以上の方が参加してくださいました。

 

この大舞台でも、ファシリテーターを2人のいゼミ生が務めました!

4年生の粟野くん(左)と内田くん(右)です!

時に笑いもありながら、しっかりと進行役を務めてくれました。

被災地で活動する私達だからこそ、伝えられることがあったと思います。

 

 

国連防災世界会議に参加できたことは貴重な経験となりました。

そして、新たな出会いもたくさんありました。

実は、8、9月に行う、『学生団体Lean inさん』『中央大学さん』は

今回のワークショップで知り合ったことがきっかけでした。

ワークショップは震災関連や地域問題解決などを目的としていますが、新たな出会いが生まれることも、私達は大切にしています。

 

さらに、今後も数多くの出会いやつながりを広げるためにも、みなさんの力をお貸し下さい。

 

 

引き続き、応援をよろしくお願い致します。

 

新着情報一覧へ