READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

途上国に学ぶ、先進国に学ぶ。両国の未来のために。

田中志歩(ちぇれめいえproject)

田中志歩(ちぇれめいえproject)

途上国に学ぶ、先進国に学ぶ。両国の未来のために。
支援総額
462,000

目標 300,000円

支援者
58人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年02月10日 10:08

代表渡部のお父さんから!

代表渡部のご両親がバングラデシュを訪れた際の様子が

日本教育新聞のコラムに掲載されました!!

地元静岡県富士市で子どもの居場所づくりをおこなう「NPO法人 ゆめ・まち・ねっと」

http://www.h6.dion.ne.jp/~playpark/

の代表を務める渡部達也さんからのメッセージです!!

日本の若者がバングラデシュの若者から学んでほしいことがたくさんあることがわかります!!

**************************************************************************************************

ちぇれいめいえprojectを訪ねて

~新企画「途上国に学ぶ、先進国に学ぶ。両国の未来のために。」への期待

 「サヤカァ、〇△×□?」
 「オデ、▽×□☆◎」
 「お父さん、お母さんが来たのかい?だって」
 

長女・清花がチャクマ語を通訳してくれた。

長女は大学を休学し、昨年3月から「ちぇれいめいえproject」の現地駐在スタッフとして

最貧国と言われるバングラデシュに滞在。

バングラデシュは「ベンガル人の国」という意味だが、

丘陵地帯にはベンガル人以外の民族が暮らす。

長女はその一つ、主にチャクマ族が暮らす村の寄宿学校で、子どもたちに語学を教えている。

年末、妻とその奮闘ぶりを見に行った。

350世帯2000人ほどが暮らす村。
歩いているとそこかしこから「サヤカぁ、お茶、飲んでけー」と声が掛かる。
村人みんなから愛されている長女に畏敬の念さえ覚えた。

長女の仲介で、寄宿学校で学ぶ若者たちとも交流を深めた。
不遇な子ども時代を過ごした若者も少なくないが、みんな生きる意欲に満ちていた。
夕方、大人たちは古びた茶屋や近所の庭で談笑する。
子どもたちは暗くなるまで遊ぶ。
ゆったりとした時が流れる。
笑顔を分かち合う大人に見守られ、笑顔で遊ぶ子どもたち。
若者が生きる意欲に満ちるのは当然の結果なのかもしれない。

滞在中、交流を深めた17歳の少年、トゥファンくん。
両親は他界している。
英語を上手に話し、日本語も「今のはどういう意味ですか?」と聞いては、すぐ使い始める。
若者たちは親しくなると英語と日本語で日本のことをあれこれ質問してくる。
単語や文法を暗記し、試験で結果を出すことが目的化している日本との違いを痛感。

トゥファンくんたちとの交流の中で

彼らが先進国として憧れる日本の陰の部分を伝える機会があった。

「日本では学校に行っていない中学生が10万人以上もいるんだ」
「えっ?日本でも紛争とかあるんですか?」
「違うよ。こんな理由、あんな理由で足が向かないんだ」。
「未成年の自殺は毎日1人~2人」
「えっ?誰も助けないんですか?」
「その逆で同級生からのいじめ、教員や親からの暴力などで自死を選ぶんだ。明日に希望が持てないから」

頭を抱え絶句する若者たちに伝えた。
「この村にはね、日本が経済発展と引き換えに失った大切なものがたくさんあるよ。

人々のつながり、笑顔、ぬくもり。遊ぶ子どもたちの楽しげな声」。
 
日本の若者たちは、息苦しさを感じる学校、深夜まで盛況な学習塾

指導者が怒鳴るスポーツクラブで子ども時代を過ごし

笑顔なき満員電車に揺られ会社へ行き

少しの失敗で左遷やリストラの憂き目に会い

そのストレスを繁華街のまやかしの夜で過ごす。

翌朝に残る繁華街の汚物、ゴミ、そして抱える虚しさ、溜め息。

先進国と呼ばれる心貧しき国・日本の若者たちと

最貧国と呼ばれるバングラデシュの心豊かな村の若者たちが交流すること。

それは間違いなく両国の若者にとって、深い学びをもたらすであろう。

その学びはバングラデシュの豊かな未来につながり、日本の再生につながるはずだ。

こんな小さな取り組みがそんな大袈裟なと嘲笑する輩もいることだろう。

だが、マザーテレサの「大海の一滴」の言葉どおり、

小さなひとしずくが誕生しないと、川の流れも生まれないし、大海も生まれないのだ。

この小さな、だけどキラリと光るプロジェクトをぜひ、多くの方に支援していただきたい。

 NPO法人ゆめ・まち・ねっと 代表 渡部達也

一覧に戻る

リターン

1,000

①現地の写真が入ったサンクスレター

支援者
7人
在庫数
制限なし

3,000

①現地の写真が入ったサンクスレター
②プロジェクトメンバーが出会ったバングラデシュの 「好き」なもの・ことの写真

支援者
14人
在庫数
制限なし

5,000

①現地の写真が入ったサンクスレター
②プロジェクトメンバーが出会ったバングラデシュの 「好き」なもの・ことの写真
③チャクマ民族の織物でできたお土産

支援者
18人
在庫数
制限なし

10,000

①現地の写真が入ったサンクスレター
②プロジェクトメンバーが出会ったバングラデシュの 「好き」なもの・ことの写真
③チャクマ民族の織物でできたお土産
④企画段階からの活動をまとめたフォトブック

支援者
16人
在庫数
制限なし

50,000

①現地の写真が入ったサンクスレター
②プロジェクトメンバーによる現地で撮った写真
③チャクマ民族の織物でできたお土産
④企画段階からの活動をまとめたフォトブック
⑤バングラデシュのお土産

支援者
3人
在庫数
制限なし

100,000

①現地の写真が入ったサンクスレター
②プロジェクトメンバーによる現地で撮った写真
③チャクマ民族の織物でできたお土産
④企画段階からの活動をまとめたフォトブック
⑤バングラデシュのお土産
⑥帰国報告会ご招待券

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする