夏が目の前。

東北は「今日も寒いのかな・・。」と、決死の思いで布団を離れる季節が長い。

それだけに夏に焦がれます。

夏を満喫できる夏祭り、それに浴衣なんて最高!

でも浴衣着たいけど、着方がわからないという話はよく聞きます。

私も長年着たかったけど、着付けクラスには通うほどじゃなかったし、浴衣だけだったらおばあちゃんが着つけてくれたからそのたびお世話になってました。

でも自分で着てみると、着付けは実はすごくシンプルなことに気が付く。

自分で着れる浴衣はオールマイティーな夏のお出かけ着で、お祭り、花火はもちろん、飲みやランチ、お買い物に大活躍ということにも気が付きました。

 

*簡単に着付けレッスン

① 浴衣を羽織って、浴衣はもともと長め設定だからくるぶしの長さに裾を合わせて、ウエストラインで腰ひもで縛ります。

要は着物や浴衣の丈は長め設定なので、ここで自分サイズにする調整をするんですね。

②浴衣の脇部分が開いてるので(みやつ口といいます)、そこから手を入れて上半身を整えます。

女性浴衣の色気はうなじです。

強調するためにうなじを見せるのを、衣文を抜くといいます。

背中を引っ張りながら調整しましょう。

③自分サイズに調整したら、固定するためにもう一本胸下くらいで腰ひもで結びます。

念のために腰ひもよりもうちょっと面が大きい伊達締めというもので、もう一回胸下を結びます。

④あとは帯ですね。

帯結びが面倒なのは、着物に使う名古屋帯や袋帯です。

浴衣に半幅帯というものは、気軽に結べるんですよ!!

私がよくやる結び方の元のベースは、リボン結び。

ベースは靴紐を結ぶのと同じですよ^^

それをちょっとアレンジするとこんな感じになります。

 

 

リボン結びの輪の部分が見えますか?

ちなみにこれは衣文があまり抜けてない(うなじ部分が見えてない)、よくない例です(私ですが笑)。

色っぽい例はこんな感じです。

 

 

このお姐さんはかなりの上級者ですが^^

 

 

こちらの浴衣女子の皆さん、華やかですね!

ご覧のようにバッグもお洋服のと兼用だし、足元はサンダルの方もいます。

ぜったい巾着じゃなくても、下駄じゃなくていいんですよ~。

ただ浴衣姿でぜひやってほしいのが、まとめ髪といつもよりちょっと派手目の髪飾り。

ご覧のような華やかな色柄でしょう、

少し髪も華やかにしたらもっと似合うし、もっと夏気分が盛り上がりますよ!

お試しあれ♪