プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

東北の寒さに負けない暖かな環境を用意し、

体操ジュニア選手がのびのびと練習できる場をつくりたい!

 

ページをご覧頂き有難うございます。

岩手の盛岡で体操競技を子どもたちに教えているパレットスポーツクラブです。

 

みなさんもご存知の通り、体操競技は身動きしやすく体線が見えるレオタードなどの薄手のユニフォーム、そしてほぼ裸足で演技をします。それは練習の場でも同様です。

 

ここ東北の選手たちの冬期間、

暖房環境が充分でない場所の場合、時には0°以下の環境で練習しています。

 

子どもたちの足はしもやけを発症し、鉄棒などをつかむ手も真っ赤になります。

たくさん着込んでウォーミングアップし、汗をかき始めたところで防寒着を脱いでも、10分程度で寒さのため体が動きにくくなり、ストーブやジェットヒーターの前を離れられない現状があるのです。

 

今回訳あって新しい練習場を用意することとなりました。建物の高さが必要な競技…。天井高は7メートルあります。お借りした建物のベースが倉庫のため、用途上 基礎的な防寒対策は施されていません。

 

適切な室温の確保までには、

暖房器具を用いても最低半分の高さまで断熱材の入った壁面が必要です。

 

現在2メートル程度まで断熱材を入れることは決まったのですが、コンクリートの床面の加工や明るさ確保のための窓の設置。他にも、シャッター扉のみのため出入口の確保が必要だったりと、断熱材費用を十分に割くことが出来ずにいます。

 

大きな怪我の多い冬。このままでは選手たちは思う存分練習をさせてあげることができないと、今回こうして皆様にご協力して頂きたいと思い、思い切ってプロジェクトを立ち上げました。″寒さ対策”の費用として150万円が不足しております。皆さま、どうかお力添えよろしくお願い致します。

 

冬期間になるといつもこのような厚い服を着て身体を暖めています。

 

営利目的の団体ではないが故、

練習場所の確保、高額な器具の購入、施設の費用でいっぱいいっぱい…。

 

現在、競技選手クラスが練習させて頂いている体育館は、地元国体の終了に伴いこの冬で利用が終了します。以前から予定されていたことです。

 

私たちはもともと営利目的の団体ではないため、資金はゼロ…。

 

何とかしなければと数年前から指導者で知恵を出し合った結果、ここ数年で「体操教室」をスタートさせたり、いろいろな試みを重ね、やっと安定した練習場所を確保できる目途がつきました。

 

まずは、練習できる最低限の器具や環境を用意することが優先順位高く、子どもたちがのびのびと練習できるような「暖かな環境」を整えるまでには資金が追いついていないのです。

 

スポーツの始まりは、安心安全が大前提です。

 

いよいよこれから!という時期にアキレス腱を断裂。

手術後なかなか復活できず再断裂。


二度の手術を経て、一年半悔しい思いをした選手が、その期間をへこたれずに黙々とできるトレーニングを重ね、復活を遂げ優勝した大会がありました。

 

そしてずっと目標にしてきたクラブの仲間とチームとして国体に出たいとの思いを遂げました。

 

選手自身も支えたクラブの仲間も父兄も、そして指導者である私たちも悩み、試行錯誤しながら進んだ1年半後の嬉しいご褒美。

 

スポーツに怪我はつきもの。仕方ないことです。

しかし、いつも大きなケガは冬でした。

 

大きな試練を乗り越えた先に喜びがあります。それを体現した選手。
これからの時代を創っていく選手になることを願って。

 

体操ジュニア選手が冬の寒さに凍えず練習できるために、練習場に断熱材を増強したい!


今回お借りできた練習場は約300平米超の倉庫です。今まで別々の場所で行っていた体操教室と選手育成。念願かなって一つの場所で運営できることになりました。

 

体操教室に通う子どもたちの練習はスペースも限られ高さも必要ないため、暖房器具があれば現状予定でも問題ありません。

 

しかしいろいろ検討した結果、競技選手がある程度身軽な格好で練習できる室温の確保までには、ただの壁面ではなくある程度の高さまで「断熱材」が入った壁面が必要でした。

 

断熱材の増強とそれに関わる壁面を造ることは、今の資金を大幅に超えてしまいます。

 

新しい練習場の写真。ここに断熱材を付けていきます。

 

ここから全国に飛び立つ体操選手を輩出したい。

皆さま、どうかご支援よろしくお願いします。

 

北国の体操競技選手の育成には、冬期間の寒さ対策は大きな課題です。オンシーズンと同じように練習したくても、寒さのため満足に体が動かない…。

 

ユニフォーム1枚、レオタード1枚で練習することはもはや不可能で、オンシーズンと同じペースで強化をすることはとても難しいのが現実です。

 

選手たちがオンシーズンと変わらない練習ができる場を整え、東北から、そして岩手から全国や世界を目指す選手を1人でも多く輩出していきたいと考えています。

 

そのために断熱材を増強する費用が必要です。

皆さま、ご支援よろしくお願い致します。

 

皆様の温かいご支援をお願い致します。

最新の新着情報