READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

沖縄県内の就活学生に夢を持って羽ばたく姿勢を応援したい!

上原 正哲

上原 正哲

沖縄県内の就活学生に夢を持って羽ばたく姿勢を応援したい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月23日(金)午後11:00までです。

支援総額

6,000

目標金額 1,100,000円

0%
支援者
2人
残り
21日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月23日(金)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

自己紹介

 

ページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

一般社団法人沖縄就活&チャレンジセミナー機構の上原です。当法人のHP:https://ojh-cso.jp/

 

 

私は東京勤務時に人事業務で採用窓口に携わっており、帰省(沖縄出身)してからは、日経教育グループで6年間勤務の間、沖縄県内の大学生を対象に就活支援や企業への就職あっせんを行い、年間100名以上の学生を就職に関する相談から就活支援及び就職内定に至るまでの実績を挙げてまいりました。

 

就活学生個々の持ち味を大切にして、家庭環境や経済事情など学生の進む方向性、進路など相談に乗ってやることで後悔の無いようにあらゆる可能性を助言してまいりました。時には親御さんと面談をすることもあり、子供(学生)の気持ちを説明したり、支援することは気を使うことであり苦労でもありました。

 

県内就職なのか或いは本土就職なのか、それに伴う親御さんの理解はあるのか、場合によっては経済的支援が必要な場合があるなど、その家庭においては大切な問題であり、重要な内容かもしれません。それは他県には無い現実的な沖縄の特異な事情が背景にあると思っています。

 

私たちはこの事業を通して子供(学生)の将来に夢を育み、立派な社会人になっていずれ沖縄の将来を託し支援することは私たちの誇りでもありますし、継続していて行きたいと思います。

 

なお、これまで県内企業50社以上に就職内定実績の上、県内各大学就職窓口とのパイプ繋がりを今後も活かし引続き、これから就活支援事業に活かして行きたいと思います。

 

参考までにぜひ下記の動画「沖縄の環境、背景にあるもの」「沖縄の就活生に求めるもの、期待するもの」をご視聴下さい。沖縄の状況が理解できるものと思われます。 

 

 

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

私自身、沖縄県内で高校を卒業して、東京の大学を当初希望しておりましたが、当時は沖縄復帰前でドル経済で決して裕福でもないサラリーマン家庭でしたから当然東京の大学に行くことは許してくれません、もちろん当時は本土の大学への進学はクラスの一人か二人の状況です。そこで母が父を説得してどうにか東京の大学へ行くことができたのです。

 

母は本人の希望通りにしてあげたい、でなければ将来悔いが残ると父を説得したそうです。

 

今思うと、経済的に苦しい中私の気持ちを理解してくれたことが涙が出るほど嬉しくて感謝の気持ちは今でも忘れません。当時は1ドル=360円の為替で、父の給料が約90ドル(約3万2千円)です。毎月、その中から約55ドル(約2万円)を書留で送ってくれました。そのお金を忘れもしません。三菱銀行新宿支店で円に交換して大学2年まで仕送りで生活をしておりました。私の両親はどのようにお金を工面して送っていたのかと思うと感謝の気持ちしかありません。

 

母の97歳のお祝い

 

私はまだ恵まれていた方で、殆どの友人は進学を諦めてたのを知っております。

 

現在、私の息子二人は東京の大学を出て既に結婚して東京で暮らしていますが、息子達が東京行きを希望していましたので、経済的にも楽では無かった当時の両親に習い東京行きを応援し送り出しました。かつての両親と同じことをしています。

 

今40歳を過ぎた息子達から、東京へ送り出した感謝の気持ちを今でも言われています。

 

これは私の経験ではありますが、沖縄での就職も同じであります。経済的な理由で本土での就職を断念するなど親御さんの理解が不可欠なことが多いと感じます。私どもは少しでも就活生にとってより良い選択を出してもらうよう経験則を踏まえ就活支援していきたいと思います。

 

本土では無いかもしれませんが、親御さんの協力・理解がキーワードの一つであるのも事実です。親元におきたいと思う親の心情は理解できますが現実として存在します。これまで、就活生の悩みで親が反対して理解してくれないと親御さんと面談したのも複数あります。そこで子供(学生)の現状を説明したり、県内・県外の就職状況など説明しております。

 

就活生とその親御さんからお礼の言葉をいただくことがあります。ある就活生は結婚式に招待されて就活のエピソードを披露され感謝されたこともありました。

 

単に就活のテクニックを教えるのでは無く、その人の人間性、持ち味を活かして丁寧な就活支援を心がけています。

 

 

 

プロジェクトの内容

 

セミナー会場に併設して、相談コーナーや就活生が立ち寄れるコミニュティーコーナーを設置したいと思います。

 

いただいたご支援は、セミナー会場を含む事務所移転及び設備費用に使用します。(現在レンタルオフィスを使用中です)

 

【資金使途】

①月賃貸料:16万円 =8千円×20坪

②敷金及び礼金費用:64万円 =16万円×4か月分

③什器類設備費用:30万円

<内訳>

机・椅子(20名):15万円=7.5千円×20名、プロジェクター(1台):4万円、

白板:4万円 PC(1台専用):7万円  計30万円

 

就活生に就活のテクニックのみを教えるので無く、日常の悩みなど相談できる場所、たまり場的な気軽によれる場所を提供したいと思います。

 

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

 

沖縄の就活生に、伸び伸びとした沖縄の将来を担う学生を応援していきます。

 

今後は、当就活を活用し就職した学生と、これからの就活生、企業を交えた「コミニュティー化」を目指し、相談・体験など共有を図っていきたいです。

 

特異な沖縄県の現状を踏まえ、就活生への応援をお願いしたいと思います。

 

宜しくお願い申し上げます。

 

プロジェクト実行責任者:
上原正哲(一般社団法人沖縄就活&チャレンジセミナー機構)
プロジェクト実施完了日:
2023年1月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

セミナー会場を含む事務所移転及び設備費用に使用します。(現在レンタルオフィス使用中です) ①月賃貸料:16万円 =8千円×20坪 ②敷金及び礼金費用:64万円 =16万円×4か月分 ③什器類設備費用:30万円 【内訳】 机、椅子(20名):15万円=7.5千円×20名 プロジェクター(1台):4万円 白板:4万円 PC(1台専用):7万円  計30万円

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は自己資金で補いますので何ら問題はありません

プロフィール

リターン

3,000+システム利用料


alt

感謝のメールA

感謝のメールをお送りします。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

10,000+システム利用料


alt

感謝のメールB

感謝のメールをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

30,000+システム利用料


alt

感謝のメールC

感謝のメールをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

50,000+システム利用料


alt

感謝のメールD

感謝のメールをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

100,000+システム利用料


alt

感謝のメールE

感謝のメールをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

子どもたちに森の恵みを|おもちゃ美術館”一口館長”大募集! のトップ画像

子どもたちに森の恵みを|おもちゃ美術館”一口館長”大募集!

東京おもちゃ美術館(NPO法人芸術と遊び創造協会)東京おもちゃ美術館(NPO法人芸術と遊び創造協会)

#子ども・教育

継続寄付
総計
17人

注目のプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中
風化する先祖からのメッセージ、みんなで解き明かすアプリをお手元に のトップ画像

風化する先祖からのメッセージ、みんなで解き明かすアプリをお手元に

独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所

#地域文化

161%
現在
6,130,000円
寄付者
345人
残り
21時間

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする