READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

次女の高校在学中での留学、その後の大学進学資金

流由

流由

次女の高校在学中での留学、その後の大学進学資金
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月23日(金)午後11:00までです。

支援総額

6,000

目標金額 1,000,000円

0%
支援者
2人
残り
21日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月23日(金)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

自己紹介

 

初めまして。

47歳看護師をしております。二人の娘(高校1年、高校3年生)と3人で生活しています。

 

仕事柄色々な患者様を看てきた経験から、社会的背景も含め、身体的・精神的に辛い状況から病に伏される方もいらっしゃいました。

 

私自身、昨年夏に(難病指定ではありませんが)『特発性好酸球増多症候群』という病気に罹患し、現在は投薬治療にて落ち着いている状況です。

 

この病気は自己免疫疾患であり、完治も難しい病です。私の主症状は腹痛と度重なる下痢に酷く憔悴しましたが、人によっては様々な症状を引き起こす様です。そんな病気ですが、何とか仕事が出来るまで復活しました。

 

勿論、誰しも悩みはあります。私も今まで離婚をはじめ、プライベートでも様々な経験をしてきました。ただ、それが予期せぬ状況や後々に知り得た事実があまりに酷い現実であり、それを突きつけられた私にとっては、もうクラウドファンディングしかありませんでした。

 

前を向いて…宜しくお願い致します。

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

現在、次女は私立高校に通っており、その中でも英語に特化したクラスに進学しています。娘が強く希望し専願入試にて合格した高校ですが、私が予想していた以上に高額な授業料であり、毎月の校納金は10万円近くになります。

 

来年は海外留学もあるのですが、それと併せて今後の大学受験の事もあり、私一人の稼ぎでは全く足りない状況に陥ってしまいました。海外留学は進学するにあたり必須になり、高校2年生の9月頃に3ヶ月間の海外留学に出発します。(イギリス又はオーストラリアのどちらかとなる様です)

 

何故この様な高い学費の高校(留学有り)に通わせるのか、1人親なのに…と思われるのは承知の上で想いを記します。

 

次女が未だ2歳になりたての頃に、離婚を前にして大変な家庭環境にありました。とても辛い状況でしたが、その時まだ保育園にも通っていない次女が私の所に駆け寄り、泣きじゃくりながら私に向い「お母さんを守ってあげる!」とハッキリとした強い口調で言ってくれた事です。その後ニッコリ私に微笑んで、立ちすくむ私の足元にしがみついてきました。

 

この言葉を聞いて、塞ぎ込んでいた私に光が差したのを憶えています。2歳の小さな我が子が守ってあげる…そこから私の中で着実に物事が動き出し、親の助けも頂きながら離婚調停→裁判となりました。

 

次女は中学に入学してから英語の成績が良く、英検も中学3年生で準2級を合格し、今通っている高校も特待生志望で受験しました。結果特待生での合格ではありませんでしたが、専願入試で合格した為、入学する事になりました。


育ち盛りの2人の娘にそれぞれの部屋すらなく、1LDKで親子3人生活しており、プライベートも何も無いのですが、そんな中でも次女は一生懸命勉強し、高校入学後の中間・期末テストではクラス1位を、また模試では英語だけはクラス1位という成績です。将来は海外で日本の文化を広めたい、特に茶道のお店を開きたいという夢が次女にはあります。中学生の頃、茶道部に入っており、魅了された為です。今までの次女の有言実行力から、海外留学は実現させてあげたいです。

 

私の病気もですが、長女はてんかんの持病があり、2人合わせての診療費も負担増であり、今まで積み立てていた費用も昨年病気に罹患して以降、診療費や今春の高校入学時の支払いに充て、残額も僅かとなりました。

 

私の持病は毎月の受診が必要となります。血液疾患であり原因不明ではありますが、現在は内服にてステロイド治療を行っています。また貧血も酷く、内服と点滴で治療しており毎月の診療費は6000円〜7000円です。また長女は毎月の受診は無く、3ヶ月に1度内服のみの処方で3000円〜4000円、年に1回脳波の検査の際はプラス幾らか加算されます。

 

高校3年生の長女(県立高校)については、本来は専門学校の進学を予定していましたが、専門学校の費用は当然賄えず、長女は就職という選択になりました。(現時点では就職先は決まっておらず、学校を通して就職活動をしている状況です)

 


何故このプロジェクトを立ち上げなければならない状況になったのか、一番の原因は数年前の自己破産になります。

 

婚姻関係継続中の際に生活費を十分に貰うことができない状況でした。また、専業主婦だった私が何かの時の為に貯金していた260万円も意図しないかたちで引き出されていたり、私の名義で保証人とされていた物があったりと困難が続き、自己破産の要因が重なっていきました。

 

離婚成立前より実家に引っ越していた為、衣食住は両親のお陰でお世話になる事が出来たのですが、お金の事はどうにもならず、破産しかありませんでした。

 

今回クラウドファンディングに応募した事は次女にも相談した上でした。何故なら次女は学校の無いお休みの日はボランティア活動に専念しており、社会貢献する事により様々な人と触れ合う事によって自分自身を成長させたいという気持ちを持った子だからです。

 

今回クラウドファンディングに応募する前に娘に相談しました。娘は複雑な表情をしていましたが、ただ一言「ありがとう。」と言ってくれました。その後、次女はスマホでクラウドファンディングについて調べてくれました。私も次女もクラウドファンディングについてTVでは見聞きしていましたが、本気で私が応募する事には賛成してくれました。

 

プロジェクトの内容

 

次女が無事に(海外留学を含め)高校卒業まで通い、その後の国立大学に備えた学費の援助をお願いするプロジェクトになります。

 

我が家の次女が、令和4年4月より現在の私立高校に入学しました。毎月の学費は来年の海外留学費の積み立ても併せ8-9万円の学費徴収となっています。今の預貯金では来年春までの学費までは支払い可能ですが、高校2年生になる頃より学費支払いが出来なくなります。奨学金申請も適応外にて申請出来ず、もし進学出来なくなる(授業料支払い困難による)と退学となってしまいます。

 

クラウドファンディングが成立した場合は、現在通っている高校は卒業見込みである令和7年3月まで通学し、その後は国立大学進学となります。やむを得ない場合を除き、残りの高校生活、その後の大学への進学も含め一定期間通学する義務を負う事を了承します。

 

※私立大学は学費が高額という事もあり、次女は国立大学進学しか考えていません。

 

※万が一国立大学に合格しなかった場合のことは、今現在では考えていない様です。これから話し合う事になりますが、大学受験に関連する費用に充てさせていただくため返金はできかねます。

 

学費を集める事に関して、非難や批判を受ける事、またプロジェクトの性質上、成功が容易でない事も承知の上で今回応募しました。

 

使途の詳細は以下3点です

 

①高校1年時(残りの数ヶ月間)の授業料と高校2.3年時の授業料。

②留学時に必要になる物の購入費。

③大学受験に関連する費用・進学時の教科書購入費。

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

 

1人親…今では私の様に頑張っていらっしゃるお父様、お母様方が沢山いらっしゃいます。親になり、幸せな日々は僅かしか無く、娘2人と両親から支えられて今日があると思っています。

 

自分自身が罹患した病気も意味がある事だと捉えていましたが、やはり腹痛やお通じの緩さが時々現れるので、それにより体力が維持できない日々もあり、不安な日を過ごす事もあります。一番不安な事はお金の事であり、払拭される事はありません。私の事を大好きでいてくれて、有言実行して頑張ってくれている次女の為にも、また色んな事を我慢してきてくれた長女の為にも…このプロジェクトが成功する事を願っています。

 

私の様な理由での場合、プロジェクトが成功する事は素人ながら難しい事だと思っていますが、成立まで到達したならば次女の大学への進学に大きく近づく事が出来ます。

 

私のプロジェクトに目を留めて下さり、長いストーリーを拝読して下さった皆様にお礼を申し上げます。ありがとうございました。少しでもお力添えを下さると励みになります。宜しくお願いします。

 

プロジェクト実行責任者:
Nozomi Sugihara
プロジェクト実施完了日:
2025年3月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

現在高1の次女が(海外留学を含め)高校卒業まで通い、その後の国立大学に備えた学費の援助をお願いするプロジェクトです。【資金使途】①高校1年時(残りの数ヶ月間)の授業料と高校2.3年時の授業料。②留学時に必要になる物の購入費。③大学受験に関連する費用・進学時の教科書購入費。

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上でのリスクについて
現在は貯蓄出来ておらず、今後の海外留学→大学進学後は毎月最低10万円は貯蓄へ。
リターンを実施する上でのリスクについて
プロジェクトと同様です。
プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
か必要金額と目標金額の差額は自己資金にて補填致します。

プロフィール

親の務めである学費を賄えないという状況に陥り、今回の応募は非難も承知で決意しました。ご縁があればと祈念する日々です。宜しくお願い致します。

リターン

3,000+システム利用料


alt

全力応援コースA

感謝のメールをお送りします。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2025年3月

10,000+システム利用料


alt

全力応援コースB

感謝のメールをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2025年3月

30,000+システム利用料


alt

全力応援コースC

感謝のメールをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2025年3月

50,000+システム利用料


alt

全力応援コースD

感謝のメールをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2025年3月

2,000,000+システム利用料


alt

謝辞

感謝のメールをお送りします。
経過報告をします。(次女の高校でのライフスタイル、心の安堵感、将来の夢に向かってどう向き合っているのか…感謝の意も含め共有して頂けたらと思っております)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2025年3月

プロフィール

親の務めである学費を賄えないという状況に陥り、今回の応募は非難も承知で決意しました。ご縁があればと祈念する日々です。宜しくお願い致します。

あなたにおすすめのプロジェクト

通常医療が提供困難な状況で、1人でも多くの命を救うプロジェクト のトップ画像

通常医療が提供困難な状況で、1人でも多くの命を救うプロジェクト

空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"

#チャレンジ

継続寄付
総計
6人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする