プロジェクト概要

収入と生き甲斐をつくる、機能性野菜をつかったパウンドケーキ等の加工食品をつくりたい!

 

ページをご閲覧いただきありがとうございます。はじめまして、宮城県石巻市で株式会社アルコバレーノファーム代表を務める布施龍一と申します。「社会的な孤立者を雇用し、収入と生き甲斐、仲間の獲得を実現すること」を目的に石巻市で2011年1月に設立しました。

 

設立した直後の2011年3月東日本大震災が発生しました。私たちは家族を失ったり金銭的な困窮で孤立している高齢者やシングルマザーを積極的に雇用して、農業を行っています。農業は皆さんの生き甲斐になっています。しかし、気候の影響を強く受けてしまうため、安定的な利益をあげることができず雇用や収入に影響をあたえてしまいます。

 

そこで、畑で採れた機能性野菜を使った加工品(野菜ケーキや、介護食)の販売を行い、高齢者の方を中心に新たな雇用を創出するため開発を進めているのですが、費用が不足しています。皆様、お力添えいただけないでしょうか。

 

スタッフ、家族全員で集合写真です。

 

震災で独居高齢者になってしまった方、シングルマザーになった方の声。

 

私たちは、もともとNPO法人で社会的孤立者(不登校、シングルマザー、高齢者など)の自立生活支援を行ってきました。補助金等に依存せず、持続可能な支援事業ができないかと考え、震災前に農業生産法人として設立したのが始まりです。

 

人間が本来持つ「幸せ」や「希望」と言う感情は、「社会」と関わることで産まれ、「社会」とは「仕事」であると私たちは考えます。日々の中で、楽しいこと辛いことが紡がれる中、一本芯を通してくれるものは自分の仕事にほかなりません。仕事には自分を律し、社会と接し喜びを感じる瞬間があります。

 

現在、震災で一人暮らしになってしまった独居高齢者、シングルマザーの方が中心に働いています。雇用者の70代男性は「津波で妻と娘を失い、酒に溺れる毎日でしたが、畑で共に働く事ができ心身共に回復することが出来ました」とお話してくださり、高齢女性からは「友達のほとんどを津波で失い仮設で引きこもりがちでしたが、畑のおかげで60歳を過ぎ新しい友達が出来ました」と声を聞かせてくれました。


さらにシングルマザーの方は「震災で夫を失い途方に暮れていましたが、子供を連れて仕事をはじめることができ、現在では子供を保育所に預け働いています」と、前向きに生きていく姿を感じます。

 

老若男女かかわらず皆で畑仕事に取り組んでいます。

 

天候によって働けない日、一人でいる環境をつくってしまう現状を解決したい。

 

「孤立化」や「自死」の予防となる雇用づくりを具体的に形にしていくため、販売に付加価値のつけられる農作物の生産を県の農園研と復興庁と進めてきました。めずらしい西洋野菜、ビーツなどの機能性野菜の栽培をしています。

 

これらは露地栽培を基本としております。しかし露地栽培は販売利益率は高いのですが、収穫量や作業は天候に大幅に左右されるので、年を通すと必ず雇用できない期間や作業できない日が多々あります。就業につけない日があると、収入にも影響し精神的な安定をえることが難しくなり、孤立を感じる環境もつくってしまうことになりかねます。

 

そこで、畑で採れた機能性野菜を使ったパウンドケーキや介護食の加工食品をつくる事業を新たに始め、雇用を増やしていきたいと思っております。生産予定の加工食品は試作品も完成し栄養素もたかく、美味しくできあがりました。これらを生産販売し安定的に仕事ができる環境をつくり、孤立化と経済問題を解決していく雇用の幅を広げたいと考えています。

 

東京秋葉原駅での出張出展の様子。パネルで雇用者(生産者)の紹介もさせて頂きました。

 

パウンドケーキと介護食をつくり、室内での主原料野菜の加工や梱包・包装などの雇用をつくります。​

 

今回のプロジェクトでは皆さんからご支援で加工品販売の際に必要となる開発費、梱包費、パッケージデザイン費などを工面させていただきたいと思っております。

 

販売を行う加工品は、機能性野菜を使ったパウンドケーキとビーツのベルベットケーキと、自社生産品を使った介護食などです。

 

■機能性野菜のパウンドケーキ

機能野菜であるビーツ、バターナッツカボチャ、ニンジンの葉を使用した3色(赤、黄、緑)のパウンドケーキです。

100%野菜から出した鮮やかな色が特徴で、しっとりとした食感の中にほんのりと野菜本来の味が感じられるケーキです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
パウンドケーキ試作品。

 

■ビーツのベルベットケーキ

ビーツを主原料としたスポンジに、クリームチーズをサンドしたベルベットケーキです。

ビーツの鮮やかな赤と真っ白なクリームのコントラストが非常に美しく、クリームチーズのわずかな酸味とスポンジケーキの甘みも相性抜群です。

 

ビーツのベルベットケーキ試作品。

 

■介護食、ドレッシング

ビーツを例にしますと、上述のケーキの材料にも使用されていますが、ビーツの真っ赤な色は抗酸化物質によるもので、老化防止や美肌効果が期待できます。

ビーツそのものに一酸化窒素という成分が含まれており、これには血管を拡張させる効果があることが知られています。血管が拡張されることによって血流量が増加し、高血圧の予防や疲労回復、代謝増加といった効果につながるということがいわれています。

 

いつまでも「食べる人も、作る人も、元気で笑顔になれる商品」の開発と販売を行います。畑の野菜の特徴を活かした加工品を販売することによって健康効果の高い野菜を手軽に食べていただきたいと思っています。

 

■加工食品生産に必要な資金内訳

梱包製作費最低ロット発注費 80万円

原料加工委託 40万円

 

100歳まで働ける社会を目指し、社会的孤立をなくしたい!


私は、石巻で産まれ石巻で育ちました。東京で約10年間飲食の世界で働きました。東京では病気で2年間働けなくなり離婚も経験し、お金もなく精神的にも経済的にも苦しい時期がありました。 誰とも会いたくない状況で「自分は独り」なんだと錯覚していました。しかし、職場の仲間や子どもの頃からの友人が足しげく通ってくれ、心を通わせることで「孤立」なのではなく「孤独」状態だったんだと気付きました。そして「孤独」は我慢できますが、「孤立」は我慢できないことにも気付きました。

 

そういった経験から社会から孤立していく人がいること、支援が必要な人が沢山いることを知り、仕事や雇用を通じて「孤立」をなくし一緒に進んでいく事は出来ないかと考え今事業をもっと拡大させていきたいのだと思っています。

 

私たちの事業趣旨は社会的孤立を雇用で解決することです。

「100歳になっても働くことができる環境を創る」をビジョンに、定年なく仕事を通じて社会に関わることを世の中で当然にしていきたいと思っています。


社会的なつながりを失ってしまったおじいちゃん、おばあちゃん、ひとりの大人が畑に出て、お金を稼ぎながら仲間を作り、自分たちが栽培した野菜や加工品を販売する。このような形で地域社会と再び関わり、社会と繋がる生きがいの場をつくっていきます。皆様、応援とご支援をどうぞ宜しくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

 

★リターンはReadyfor支援者の方に対してだけ、特別に用意させていただくハイカラ野菜と加工品の贅沢セットです★

 

今回ご支援くださった方には、畑で働いている皆で丹精込めて作った野菜と、その野菜を使ったケーキなどの詰め合わせをリターンとしてお届けします。

 

野菜はケーキに使われているビーツやニンジン、バターナッツカボチャをはじめとした、季節に応じた品目をお送りします。その他にもロメインレタスやタルディーボ、ロマネスコなど、滅多にお目にかかれない珍しいものをご用意しております。

 

野菜ケーキはパウンドケーキとベルベットケーキをお届けします。野菜をふんだんに使ったヘルシーなケーキをご賞味ください。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
アルコバレーノファームで採れた色とりどりの野菜たち。