プロジェクト概要

昨年末に閉店した音楽カフェを、これから先も継続していきたい。05月までに資金を用意できないとチェーンの居酒屋になってしまいます。

 

初めまして、田村直樹と申します。私が音楽に興味を持ち始めたのは、高校生時代。吹奏楽部に所属したことがきっかけでした。大学時代に入っても音楽を続け、学生時代を音楽に打ち込みました。今でもクラリネットが好きで、休日には親しい友人達と演奏を楽しんでいます。

 

昨年12月、大阪府岸和田市にある、とあるカフェが閉店してしまいました。グランドピアノがある、演奏用に作られた音響設備のある音楽カフェです。地域の皆さんと素敵なコンサートを披露してきましたが、初代オーナーさまが3年前に他界され、引き継いだ妹さまも高齢のため、昨年末にやむなく閉店を迎えたようです。次のテナントオーナーは某居酒屋チェーン店です。

 

この地域に、素敵な音楽と人々が出会う場を遺したい。私から現オーナーである妹さまに連絡すると、「兄のお店を、ぜひ遺してほしい。ただ、5月の契約時までに資金が必要なんです」とのことでした。どうしても4月中に170万円を用意し、この音楽カフェを遺していきたいと考えています。

 

なんとかこの音楽カフェを残していくために、皆さんの応援をいただければと思います。ご支援のほど、何卒宜しくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

このカフェは、音響や防音の設備が揃い、音楽と笑顔に溢れた特別なお店です。

 

このカフェとの出会いは、大学の先輩からの紹介でした。私も話を聞いて、そこでミニコンサートを開きたいと考えていました。しかし、地域の方々に愛された音楽カフェは、閉店を迎えてしまいました。このお店を潰して居酒屋チェーン店にするのは、余りに惜しいです。

 

このカフェは、初代オーナーさまがイギリスを訪問した際、音楽カフェと出会い、「自分も日本にこの文化を持ち込みたい」という想いでオープンしました。地域の方に愛され、音楽と笑顔に溢れた素敵なお店だったそうです。地域の方が音楽を楽しめるようきちんと音響や、防音の設備が揃っており、店内は賑やかだった当時のままです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

初期費用170万円があれば、カフェを存続できます。皆さまのお力をお貸しください。

 

音楽カフェは現在、地元の不動産屋の管理物件です。オーナーの方から了解はいただけているので、あとは資金だけが足りません。その店舗を借りるには、家賃、敷金、不動産屋手数料、保険として初期費用170万円以上が必要です。しかし私には、いますぐそれらをまかなう資金がありません。次の5月には、後継ぎの業者に渡したいそうで、時間がほとんどありません。

 

地域に素敵な音楽と人の出会いを生み出すこのカフェを存続させ、みんなの笑顔を取り戻す。そのために、今回クラウドファンディングに挑戦しました。

 

■スケジュール

2017年05月 お店の受け渡し

 

■費用内訳

・家賃、敷金、不動産手数料、保険料

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

演奏者にも、聴きたい方にも音楽をもっと身近に。

 

ジャズや室内アンサンブルは、まだ身近なものとは言えません。個人でコンサートを開こうと思うと数万、数十万円をかけてホールを借りるしかありません。音楽カフェがあれば、もっと簡単に演奏をでき、より音楽を身近に感じる方が増えていきます。以前のカフェがそうであったように。

 

音楽は笑顔を生み出します。

音楽療法の活動とタイアップして、高齢者さまや、障がいを持つ方、子どもたち、そして家族が笑顔になる場を提供していきます。例えば、おばあちゃんが亡くなってからお葬式に、親戚が集まるのではなく。まだ存命中に音楽コンサートに、おばあちゃんと親戚、お孫さんがあつまり、みんなで手をとりあって笑顔の思い出の時間を作りたい。それを、この音楽カフェで実現していきたいです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd