昨日、メンバーの池田から「達成まであと130万円程になりました!」と報告をさせていただいたと思いますが、なんと本日(午後1時28分)、ついに目標金額1500万円に到達することができました!

 

これまで応援していただいたみなさま、本当にありがとうございます。

 

 

実は昨日、メンバーの一人、遠藤が自分のFacebookでこのようなことを言っていました。

 

『「世の中は障害を乗り越えた義足のヒーローを見たいんだろうね。でも僕たちが見たいのは日常生活に戻った自分の姿なんだ。」

 

自分が義足の研究をするきっかけとなった高校の後輩の言葉です。』

 

彼が言うように、僕らの「義足の図書館」プロジェクトは、

 

学びたいと思うすべての人々が自由に本を手にすることができるように、走りたいと願うすべての人々が自由に競技用義足を手にすることができる、

 

そんな子どもから大人まで全ての義足歩行者を対象とした、競技用義足の貸し出しシステムを構築し、義足ユーザーにとって、いまはまだハードルが高い「走る」という行為の敷居を下げ、特別なものではなく、誰もが楽しめるものにしていくプロジェクトです。

 

みなさまの応援のおかげで、何とかオープンに向けスタートを切ることができそうです。本当にありがとうございます。

 

でも実は、このプロジェクト自体はもっともっと続きがあり、移動図書館や、パラリンピックへ義足で参加する選手すらいない途上国からの選手の受け入れ、安価な義足開発など、まだまだやりたいことがたくさんあります。

 

時間はかかるかもしれませんが、ひとつずつ、僕らはかたちにしていって、最後には本当に、走りたいと願うすべての人々が「走る」ことへ挑戦できる環境を創りたいと思いますので、最後までどうか温かく見守っていただけたら嬉しいです。

 

残り4日、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

 

メンバー一同

 

 

 

新着情報一覧へ