プロジェクト概要

 

世田谷の愛されカレー屋を改修!
国際交流の場を作りたい!

 

Hello everyone! みなさんこんにちわ! 初めまして!

 

ナレンドラ ケッペティポラです! (フルネームは;Keppetipola Monaravula Mahaadikarge Narendra Upali Neethyanandaケッペティポラ モナラヴィラ マハアディカルゲ ナレンドラ ウパリ ニッティアナンダ)です!スリランカ出身です。

 

スリランカ政府観光名誉局長(関西)をスリランカ政府より1997年から拝命しています。現在は、世田谷区中町でスリランカ紅茶の店として 「二ムシキ」を運営しています。セイロン紅茶やココナッツオイルの販売、翻訳のお仕事などもしています。

私が経営しているカレー屋の「ニムシキ」は老朽化が進み、改修を行わなくてはいけません。改修をしたお店は、国際交流の場としても活用して行きます。今回は、そのための資金を集めるプロジェクトです。みなさまの応援、ご支援をお願いいたします!

 

 

ニムシキでは、おいしカレーとセイロン紅茶を提供しています。

改修が必要な場所

 

 

集まった金額に応じて、改修する箇所を増やしていきます。まずは、第一目標の80万円が最低でも必要な資金です。ご支援をお願いします!

 

カレー屋 「二ムシキ」 を改修する3つの理由。

 

 

長年温めてきたことを皆さまのお力添えによって、ついに一歩踏み出せたことに感謝申し上げます。今回は皆さまのお力をお借りして以下のことを行いたいと思っています。

 

その1:

お子様からシニアの方まで3世代どんな方でも自由に入れる店にしたい。

 

その2:

店を地域の拠点に、皆さんの人生経験を社会に生かす仕組みを立ち上げたい。   

 

その3:

スリランカを知ってもらい、スリランカツアーの計画したい。    

 

【またまだ、やりたいことはたくさん!】

 

・誰もがくつろぎながら、アーユルヴェーダー(無添加)食を提供する店   

・今WHOが21世紀に最も残さなければならない薬草と認定している「ゴツコラ」をスリランカより直輸入・全国販売店

・スリランカから政府紅茶局産紅茶直輸入・販売化

 


私が、誰もが交流できる場所を作りたいワケ。


 

私は来日して30年になります。その月日の中で多くの方と出会い、日本の文化を学び、スリランカの文化も伝え、様々な交流をしてまいりました。初めて来日した時は、新聞配達しながら日本語学校に通っていました。当時、学生ビザではアルバイトが出来ず、強制退去の通知を受け、まず香港に行きました。3カ月後、ふたたび来日したものの許可が下りず入国審査で片言の日本語でなんとか会話をし、その後1年間誰も知らない国で一人で戦いました。

 

日本に来たばかりの頃は、非常につらくむなしい日々が続きました。しかし、長い年月日本で暮らしていく中で多くの方と出会い、日本の文化を学び、スリランカの文化も伝えることで道がひらけてきました。今では様々な仕事を通じて、日本とスリランカを結ぶことができるような活動をしています。

 

●今では法務省の法廷通訳に携わるようになり法務省に恩返しをしています。

●滋賀県警察本部より感謝状を頂いております。

●スリランカ政府観光局名誉局長に任命されています。

●NHK 他放送局の編集等に携わっています。

●スマトラ沖地震の津波支援をしました。

 

そして、スリランカ軽食のお店も始めました。おかげさまで、地元で健康的で美味しいセイロン紅茶とスリランカカレー屋(ニムシキ)として人気になり、今は地元の盆踊りにも出店させていただいており、地元の方々と食文化等を通して身近な市民交流もさせていただいています。

 

活動写真

  宇治市との姉妹都市スリランカのヌワラエリヤ市長を宇治市の植物公園オープニングセリマニーに招待し、宇治市長とともに

 

活動写真

スリランカ大使を宇治市へ迎えてのイベント

 

今回のクラウドファンディングを通じて、より多くの方にスリランカのことや、その文化を知っていただき、また、かつての私と同じように困っている方がいたら何か手助けができるような場を作っていきたいと思っています。

 


私も、スリランカと日本の交流の架け橋を作りたい!


 

みなさんは、J.R.ジャヤワルダナ氏をご存知ですか?この人物は、スリランカの初代大統領で戦後の日本を救い西洋に偉大な影響を与えた人物として知られています。「憎しみは憎しみによって消えさるものではなく、だた愛によってのみ消え去るものである……」という彼の有名な言葉。私がここにいるのもこの信念を受けつづこの30年間の歩みにつながってます。 これから皆様の力をお借りし、文化交流会のスタートとなります。彼の教えこそが今の私の原点です。 

 

敗戦後、日本が独立するために行われたサンフランシスコ講和会議でスリランカ初代大統領として日本擁護のスピーチをしました。「自由にしてかつ独立した日本の復帰」「憎悪は憎悪によって消え去るものではなく、ただ愛によって消えるものである」という演説を行い、普及の名演説と言われています。

90歳で死去に際し献眼、角膜提供。

右目はスリランカ人、左目は日本人の長野県の女性に移植されました。

 

私もジャヤワルダナ氏の思いを受けながら、これまでの人生経験に基づいて社会貢献したいと思い、数年前に東京都世田谷区中町でスリランカ紅茶の店として 「二ムシキ」を開業しました。

 

現在までの暮らしは決して楽な道のりではなく、苦労の連続でした。しかし、この経験を活かして地域のみなさまや、国際交流に興味がある方などどなたでも気楽に立ち寄れる場所を作りたいと考えています。みなさまの人生経験豊富な話題を語りつつ、音楽あり、軽食あり、健康自然食材が手に入る、外国籍の方々とも交流できる、国籍問わず優しい気持ちでお付き合い致しましょう。

 


二ムシキ(NIMSIK)は、スリランカ語で「地平線」!

ここから、平和の線を広げていきたい。


 

「二ムシキ」を文化交流の拠点として、スリランカの伝統イベントやフェスティバルなどを開催し、様々な交流イベントを通して、全ての方々に「文化的・平和的」な生活に必要な生き方を地球レベルで活用できる自分を作り上げれる場になれるように立ち上げていきたいと強く思いっています。今回ご支援いただいた資金でお店を改修し、下記のような活動をしていきます!

 

・人生経験豊かな知恵と知識を子供たちと交わりつづ、それを伝える教室開きます!

・今共働きの多い世代で子供に対しての家庭のマナーが崩れている傾向にあるため、忙しい親に代わってサポートします。

・国籍問わず、ここの店に来たら、グローバルな感覚をもってハッピーになって帰ってもらう!    

・子供と大人が楽しめるスリランカ民族衣装の着付け(サリーの着付け教室) を開催します

 

そのためにはまず、お店を改修しなくてはいけません。

具体的には、下記の場所を直すのにまずは80万円が必要です。

・看板の取り替え

・床の段差をなくす工事

・ドア、入り口の工事

 

二ムシキはスリランカ語で、地平線の意味を持ちます。このお店からどこまでも続く地平線のように年齢、性別、国籍問わず交流の輪を広げていきます!みなさまのあたたかいご支援をどうぞ宜しくお願いいたします!

 

 

 

店舗情報:二ムシキ

住所  東京都 世田谷区 中町 4-9-3
交通手段 

 上野毛駅から828m