こんにちは。本プロジェクトにご支援下さった皆さまありがとうございます。

 

公開してから数日で8名様からのご支援を頂戴しております。心からお礼申し上げます。

 

本日は、私が今回制作するフォトステージについて説明をさせていただきたく新着情報を投稿します。

 

今回挑戦するにあたり、この企画の難しさをつくづく感じました。手を合わせる事の大切さ、想い出を大事にする気持ちを、持ち続けてもらいたい。そのようなコンセプトで進めてきた企画でしたが、宗教・宗派の違いが一番のネックになると感じています。

 

しかし「フォトステージ想い出」は写真たてであると同時に手を合わせるというオブジェなのです。ステージ上で、故人が好きであった言葉を書いたり、亡くなった月日を書かれても想い出につながります。どの宗教・宗派であっても、手を合わせることは同じだと思います。

 

 

 

人間もペットも生きている間の想い出はたくさんあります。しかし亡くなってしまうと想い出は、過去のものとなり、だんだんと薄れていく事が通常です。記憶の中から消したくない想い出も、ついつい毎日の忙しさで忘れてしまいます。そして手を合わせる事も同様です。「フォトステージ想い出」は想いというところからの企画です。

 

写真をみて、ステージ上をみて、手を合わせて感じて欲しいとおもいます。少ない場所をみつけて、置いていただき、手を合わせて欲しいのです。きっと優しい気持ちになるでしょう。

 

その為の「フォトステージ想い出」です。その「フォトステージ想い出」を広げていく為の、ご支援が欲しいのです。どうかご支援を宜しくお願い致します。

 

 

新着情報一覧へ