プロジェクト概要

「のし袋」のイメージを変える!今までにない「のし袋」をつくりたい!

 

はじめまして、橋本美保と申します。小田原に37年、家族と仲良く暮らし、社会人になってからイベントにはあまり参加できていませんが、アニメ関連のイベントやコスプレイベントに行く程、アニメやゲームが大好きな女子です。

 

これまで私は工場での部品検査、ライン作業、飲食業など・・・・・・さまざまな会社に勤めてきましたが、どれも低賃金でお金が必要なときはプライベートの時間を削らなければならず、家に戻るのは寝る時だけの生活を送っていました。

 

こうした生活に終止符を打ちたい!と思い、誰もやったことのないような挑戦をして一歩踏み出すことを決めました。それが今回のプロジェクト「のし袋」の製作です。

 

店頭に並んでいた「のし袋」を見て思い付いたこの企画。「のし袋?」と疑問に思う方もいると思いますが、34年間以上「のし袋」に関わる仕事をしてきた父親の知恵と知識を借りてデザイン性の高いのし袋を製作することになりました。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

このプロジェクトに関わる父と印刷会社の皆さま

 

どれも同じようなデザインの「仏のし袋」を見たのがきっかけだった。

 

6年ほど前、職場の雰囲気がとても悪くストレスがたまっていたとき、ふと立ち寄った店頭で「のし袋」を見ていました。

 

すると、「祝のし袋」はバラエティに富んでいるのに、「仏のし袋」はどれも同じようなデザインでパっとしないなぁと疑問に思いました。同時に、「もし、のし袋に新しいデザインが増えたらどうなるだろう?そうしたデザインがないなら作ろう!」そう思った私がいたのです。

 

通常の「仏のし袋」のイメージ

 

また、父が34年間以上全国のご寺院様方々をお客様にして営業していたこともあり、時折お客様から「仏のし袋も変わり映えしないなぁ」と言われた事も多々あったそうです。そうしたお客様の想いと私の思い付きを形にするべく、今回プロジェクトを立ち上げた次第です。

 

関わりある近くのお寺

 

完成予定日は2017年10月15日。「人は亡くなったらお星様になる」この一文をイメージに「のし袋」を製作しました。

 

現在、販売されている「のし袋」は、たまにお花が描かれているデザインもありますが、基本どれも同じようでパッと目を引くようなものはありません。並んでいたらひとつひとつが埋もれてしまうようなものばかりです。また、通常の「仏のし袋」には地色は白しかなく、あとは数色の水引の色彩、柄、形の物しかありません。


そうしたなか、今回製作する「のし袋」は、色、柄、形などを様々な試行錯誤を繰り返し、インパクトのある6色の地色にしてみました。しかし、それだけでは「何かもうひとつインパクトのある個性が欲しい!」と考え、小坊主さん、お坊さん、星柄を全ての色に絵柄として載せています。

 

また、「のし袋」にはそれぞれ意味がありますので完成を楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。(※こちらは無事に製作後、Webサイトに詳細を掲載させて頂きます)

 

そして今回皆さまからいただいたご支援により、「仏のし袋」と「祝のし袋」を製作するための費用に充てさせていただきます。「仏のし袋」は全6種類の絵柄2種類、「祝のし袋」は全5色の絵柄3種類の予定です。特に「仏のし袋」はカラフルな色使いと可愛いイラストを入れているので今までにない「仏のし袋」になるはずです。

 

こちらがサンプルのお坊さんの「仏のし袋」です。
※お坊さんの絵が入っていない「仏のし袋」もあります

 

お寺様に見せたら大変好評だった!絶対に成功させて多くのお客様に届けたい。

 

今回製作する「のし袋」をお客様(お寺様)にお見せした所、80か寺程の全ての方から「品が出来たら、すぐ欲しいから送ってくれ!」と言われ、好評な事が分かりました。

 

父と私、そしてこれまで父が関わってきたお客様のアイディアを存分に詰めこんだ「のし袋」を少しでも多くのお客様に届けたいと思っています。

 

皆さまの温かいご支援をよろしくお願い致します。

 

楽しみにお待ちいただいているお客様のためにも形にしたい

 
■リターンについて■

今回ご支援くださった皆さまには、Readyfor限定で「仏のし袋」と「祝のし袋」をご用意しています。私たちのアイディアが詰まった新しい「のし袋」を是非手にとってみてください!